マーケット情報


環境対策からUVへのシフトが進み、市場は堅調に拡大
感光性材料、原材料、照射装置、UV光源の世界市場を調査

−2022年市場予測(2017年比)−
UV硬化型インクジェットインキ(UVIJインキ) 13.0億ドル(36.8%増)
感光性材料の世界市場 150.6億ドル(16.7%増)


総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、電機製品から自動車、建築、日用品に至るまで幅広く用いられており、近年ますます需要が増加している感光性材料およびその原材料、照射装置、UV光源の世界市場を調査した。その結果を「2018 光機能材料・製品市場の全貌」にまとめた。この調査では感光性材料22品目、原材料11品目、UV光源・照射装置4品目の市場を調査・分析し、それぞれを国・地域別、用途別など多角的に捉え、将来を展望した。

◆注目市場

UV関連材料・製品市場

1.UV硬化型インクジェットインキ(UVIJインキ)

2017年
2022年予測
2017年比
市場規模
9.5億ドル
13.0億ドル
136.8%

UVインクジェットプリンターに用いられるUVインキを対象とする。インクジェットはデジタル非接触印刷という特徴から小部数対応が可能で、UVインキは紙以外の非浸透性基材への印刷に適しており、速乾性に優れているため、産業印刷分野で採用が広がっている。2018年は中国、インド、東南アジアを中心に市場規模が拡大するとみられる。新興国では経済成長に伴いサイン・ディスプレイの需要が増加しており、今後もUVインクジェットプリンターの導入が進み、市場が拡大するとみられる。また多品種小ロット対応可能などの強みを生かして新興国だけでなく、欧米でも成長が続くとみられる。

2.UV硬化型インキ(UVインキ)

2017年
2022年予測
2017年比
市場規模
33.2億ドル
37.2億ドル
112.0%

UVインキは溶剤インキと比較して環境負荷の低減や生産性の向上につながるため、様々な用途で普及している。2018年は印刷インキ全体の需要は横ばいまたは微減となるものの、UVインキの需要は増加するとみられ、地域を問わず採用が広がっている。欧米の印刷市場は成熟しているが、高付加価値品のニーズは高まっており今後も高感度UVインキを中心に伸長するとみられる。インド、東南アジアなどの新興国でもパッケージ、シール・ラベル向けの需要を中心に長期的な成長が期待できる。

3.UV光源

2017年
2022年予測
2017年比
市場規模
6.0億ドル
6.3億ドル
105.0%

UV硬化型樹脂に紫外線を照射し、硬化や乾燥、接着を行う際に用いられるUV光源を対象とする。2017年は市場の6割以上がUVランプとなっているが、UVランプから省エネ、省スペース性に優れているUV-LEDへのシフトが世界全域で進んでいる。UV-LEDは出力が低いため、生産性が重視される用途ではシフトが進んでいないが、ハイパワーLEDなどUV-LEDの高性能化に伴い幅広い用途で今後採用が広がるとみられる。UV-LEDは普及に伴い、価格の下落が進んでいるが、新規設備の導入や既存設備の更新によりUV光源の需要が増加するため、市場は緩やかに拡大するとみられる。

◆調査結果の概要

1.感光性材料の世界市場


生産性の向上や環境対策への対応からインキ、電材を中心に市場は堅調に拡大している。インキはUVインキ、UVIJインキ共に需要が増加している。電材では、フラットパネルディスプレイの成長が鈍化していることから連動して関連材料も微増で推移するが、IoT化や車載電装化が進んでいるため半導体の需要は増加している。特に半導体フォトレジストが好調である。

※UV硬化型塗料・コーティング材(化粧品容器用、建材用・床用)、ライニングシートを除いた市場

2.原材料の世界市場



原材料は感光性材料の需要と連動して推移する。市場の大部分を占めるモノマー・オリゴマーはインキ向けを中心に堅調に拡大するとみられる。特にアクリレートモノマーは欧米においてUVインキおよびUVIJインキ向けで伸長している。添加剤では光源のUV-LED化に伴い、光重合開始剤がUVインキ、UVIJインキのほかコーティング用途で需要が増加している。今後はレジスト用途での需要が増加するとみられる。

◆調査対象

感光性材料 UV硬化型インキ、UV硬化型インクジェットインキ、フィルム用ハードコーティング材、光ファイバ用コーティング材、UV硬化型塗料・コーティング材、UV硬化型接着剤、タッチパネル用OCA、タッチパネル用OCR、バックグラインドテープ、ダイシングテープ、半導体フォトレジスト、バッファーコート/再配線形成材料、TFT形成レジスト、.カラーレジスト、ブラックレジスト、フォトスペーサ/ブラックカラム、ドライフィルムレジスト、ソルダーレジスト、カバーレイフィルム、感光性印刷版、.3Dプリント樹脂、ライニングシート
原材料 アクリレートモノマー、メタクリレートモノマー、ウレタンアクリレート、エポキシアクリレート、ポリエステルアクリレート、水系UV樹脂 、脂環式エポキシ、レジストポリマー、光重合開始剤、光酸発生剤、光塩基発生剤
UV光源・照射装置 UV光源、.半導体露光装置、UVオフセット印刷機、UVインクジェットプリンター

※一部の数字は四捨五入しています。このため合計と一致しない場合があります。


2018/05/31
       
上記の内容は弊社独自調査の結果に基づきます。 また、内容は予告なく変更される場合があります。 上記レポートのご購入および内容に関するご質問はお問い合わせフォームをご利用ください、 報道関係者の方は弊社グループ広報部(TEL 03-3664-5697)までご連絡をお願いいたします。