マーケット情報


健康志向食品、機能志向食品を合計した
H・Bフーズ国内市場を総括分析

−2018年市場予測(2017年見込比)−
H・Bフーズ国内市場 2兆3,660億円(2.0%増)


総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、、2017年9月から4回に分けて、健康(Health)や美容(Beauty)に良いというコンセプトをもった商品をH・Bフーズとして、その市場を調査している。その第4回目として、H・Bフーズ市場を総括分析するとともに、訴求効能別に分析してきたH・Bフーズ市場を成分別やコンセプト別に横断的な分析を試みた。また、主要・注目企業の動向、H・Bフーズのチャネル別販売動向も明らかにした。その結果を報告書「H・Bフーズマーケティング便覧 2018 総括編」にまとめた。

◆調査結果の概要

H・Bフーズ国内市場



2017年の市場は前年比3.2%増の2兆3,195億円が見込まれる。健康志向食品は、8月以降の天候不順や機能性表示食品の台頭により特定保健用食品が苦戦しており、伸びが鈍化している。機能志向食品は、景品表示法違反や特定商取引法違反により販売を終了した商品や業務の一部を停止したメーカーがあるなど、生活習慣病予防カテゴリーが前年割れとなるが、飲むだけの手軽なダイエットサポート商品やグリーンチャージ、マルチバランスなど栄養補給のベースとなるカテゴリーが好調を維持し、拡大している。また、商品数の増加や、アサヒ飲料「カラダカルピス」などのヒットがみられた機能性表示食品が拡大に寄与している。

◆注目成分・コンセプト

1.乳酸菌類

2017年見込
前年比
2018年予測
前年比
市場規模
3,944億円
105.8%
4,112億円
104.3%

乳酸菌類を主成分とし、乳酸菌を配合した商品を対象とする。市場は整腸効果を訴求したヨーグルトやドリンクヨーグルト、乳酸菌飲料を中心に形成されてきた。2015年頃からは、メディアで特集を組まれることが増え、腸内フローラの重要性が消費者にも認知され始めた。また、機能性表示食品制度の開始に伴い内臓脂肪低減を表示した商品のヒットや、乳酸菌配合チョコレートなど、これまで展開のなかった菓子品目の商品が増加し、市場が拡大している。2017年は主力のヨーグルトがメディアの露出減少によって苦戦を強いられたが、ドリンクヨーグルトが好調を維持するほかアサヒ飲料「カラダカルピス」がヒット商品となり、市場は前年比5.8%増の3,944億円が見込まれる。今後はドリンクヨーグルトや乳酸菌飲料が好調を維持するとみられる。また、ロッテが「スイーツデイズ 乳酸菌ショコラ」(アーモンドチョコレートビターは除く)を機能性表示食品としてリニューアルしたことを機に再び積極的なプロモーションを行っていることから、拡大が続くと予想される。

2.キッズサプリメント

2017年見込
前年比
2018年予測
前年比
市場規模
95億円
109.2%
100億円
105.3%

乳幼児・小児(概ね離乳から12才まで)を対象に栄養成分を強化した食品を対象とする。キッズサプリメントは日常的な食事だけでは補えない栄養素の補完を目的とした粉末飲料がロングセラーブランドとして確立している。日本では、栄養は食事で補うのが望ましいという考え方が強く需要は限定的であったが、近年は偏食やアレルギーなどにより子どもの栄養摂取に苦慮する親が増加していることを背景に徐々に需要が増加している。2017年は前年に続きスポーツ用途型のプロテイン商品の需要が増加しており、市場は前年比9.2%増の95億円が見込まれる。少子化の進行によってターゲット層の人口は年々減少しているものの、子どもの栄養補助や虫歯予防に対する意識の高まりによって今後も市場は拡大が予想される。

3.睡眠サポート

2017年見込
前年比
2018年予測
前年比
市場規模
87億円
108.8%
94億円
108.0%

グリシンやテアニン、GABAなどを関与成分とし、“睡眠の質の向上”や“よい目覚め”など、睡眠改善を訴求した商品を対象とする。2015年8月に味の素「グリナ」が機能性表示食品としてリニューアルされ、それまでの“休息”訴求から“良質な睡眠”という明確な訴求が可能となり、積極的な販促活動が行われたことで販売が伸び、市場拡大に寄与した。2016年は「グリナ」が続伸したことに加え、機能性表示食品の新商品が相次いで発売され、市場は前年比66.7%増と大幅に拡大した。2017年は機能性表示食品の中には好調な商品があるものの、機能性表示食品でない商品は苦戦しており、市場は前年比8.8%増の87億円が見込まれる。しかし、“良質な睡眠”を求める需要は大きく、今後も商品数が増えるとみられるため、市場拡大は続くと予想される。

4.メタボリック関連

2017年見込
前年比
2018年予測
前年比
市場規模
4,811億円
108.6%
4,996億円
103.8%

特定疾患対策の生活習慣病予防とダイエット訴求の商品を対象とする。市場はダイエットを目的とした食事代替や脂肪の燃焼に対して意識の高い層を取り込み拡大してきた。2017年は夏場の天候不順を受けて止渇性の強い茶系飲料などで需要が伸びず、中性脂肪・コレステロール値改善を訴求する商品の多くで実績の縮小が見込まれる。しかし、プロテインはスポーツ意識の高まりによってたんぱく質やアミノ酸を摂取し体づくりを目指す人が増えていることから伸長しており、市場は前年比8.6%増の4,811億円が見込まれる。今後も、中性脂肪値や血糖値に対する消費者の意識向上がさらに進むことで、新規顧客を取り込むとみられる。また、プロテイン需要の高まりも継続するとみられ、市場拡大は続くと予想される。

◆調査対象

H・Bフーズ

 
健康志向食品 明らか食品 滋養・強壮、肝機能改善、美肌効果、整腸効果、ダイエット、生活習慣病予防、血行促進、免疫賦活作用、栄養バランス、骨・関節サポート、覚醒効果、貧血予防・改善、喉の不快感除去、虫歯予防、エチケット、アイケア、マルチバランス、ホルモンバランス、リラックス、グリーンチャージ
ドリンク類
機能志向食品 健康食品
シリーズサプリメント
注目成分 乳酸菌類、ダブル・トリプルヘルスクレーム、食品・ドリンク系サプリメント的シリーズ食品、キッズサプリメント、ヘア・スカルプケア
コンセプト 脳機能改善、アンチエイジング、メタボリック関連、ロコモ・サルコペニア対策、ビタミン、睡眠サポート
主要・注目企業事例分析 主要企業・注目企業(15社)
チャネル 通信販売、訪問販売、薬局・薬店、量販店、CVS

※一部の数字は四捨五入しています。このため合計と一致しない場合があります。


2018/06/25
       
上記の内容は弊社独自調査の結果に基づきます。 また、内容は予告なく変更される場合があります。 上記レポートのご購入および内容に関するご質問はお問い合わせフォームをご利用ください、 報道関係者の方は弊社グループ広報部(TEL 03-3664-5697)までご連絡をお願いいたします。