MARKET マーケット情報


自動車およびIoT・ウェアラブル関連で成長が予想される機能性高分子フィルム市場を調査

2020年の機能性高分子フィルムの世界市場予測
工業・自動車分野向けは2015年比9.4%増の3,325億円
中でもモーター用絶縁フィルムは同50.0%増の27億円に…HV、EVの大幅増加により市場拡大

 マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キメラ総研(本社:東京都中央区日本橋小伝馬町 TEL:03-3664-5839 社長:田中 一志)は、ベースとなるプラスチックフィルムに、コーティングや蒸着などの表面処理、ラミネートのような多層化、またはフィラーの添加やハイブリッド化などにより機能を付与したフィルムを機能性高分子フィルムと定義付け、その市場を調査・分析した。
 その結果を報告書「2017年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望」にまとめた。
 この報告書では、ディスプレイ、半導体・実装、工業・自動車、 エネルギー、土木・建築、ライフサイエンス、バリアフィルムの7分野57品目の市場の現状と今後の動向をまとめた。

調査結果の概要
機能性高分子フィルムの世界市場
 1. 注目用途分野の市場
 2016年見込2020年予測2015年比
工業・自動車分野 2,939億円 3,325億円 109.4%
バリアフィルム分野 467億円 517億円 109.8%
 工業・自動車分野は自動車の販売台数の増加、特にHV、EVの大幅な増加により市場が拡大している。自動車用ウィンドウフィルム、フィルムコンデンサー用フィルムは市場規模が大きく、モーター用絶縁フィルム、加飾・転写フィルム、MLCC用離型フィルムは自動車の販売台数の増加に加え、採用率も上昇しており好調となっている。航空機用途では、CFRP用離型フィルム、CFRTPシート・テープの採用が増えるとみられる。
 バリアフィルム分野は透明蒸着フィルムが市場の半数のウェイトを占めており、ガスバリア性の高さから食品包材用途を中心に伸びている。食品賞味期限の延長や電子レンジ対応ニーズから国内、海外ともに需要が拡大している。また、防湿包材用途では金属部品、インクカートリッジ、トイレタリー製品など、産業・工業向けやメディカル向けとしても需要を獲得している。その他バリアフィルムでは、ハイブリッドバイリアフィルムがボイル・レトルト向けで欧州、米国、タイなどを中心に需要が増えている。
 2. 注目品目の市場
 2016年見込2020年予測2015年比
モーター用絶縁フィルム20億円27億円150.0%
 HV、EV用モーターに内蔵されるスロットライナー、ウェッジ、相間絶縁紙を対象とした。分布巻モーターにのみ採用されるが、HV、EVでの需要拡大や高出力な分布巻モーターの採用率上昇により、市場は高成長が予想される。
 2016年はHV、EVなどの次世代自動車の販売が順調に拡大した。今後もHV、EVの増加とともに市場は拡大するとみられる。また、高出力である分布巻モーターが占めるウェイトの上昇や大型EVの展開によるモーター搭載数の増加も寄与すると予想される。
 2016年見込2020年予測2015年比
フィルム状封止材1.4億円3.0億円3.0倍
 フィルム状封止材は半導体封止材で、半導体の封止において面封止による流動性のコントロールが容易で、厚み管理がしやすいなどの特徴が挙げられる。
 2016年時点では、主要用途としてモジュールとコアレスパッケージに採用されているが、2018年からFan-Out WLPで採用が進むとみられる。Fan-Out WLPの急成長により、市場は大幅拡大するとみられる。モジュールは通信や車載に用いられるものが多く、モジュールの増加により需要が増加するとみられる。コアレスパッケージでは、コアレス基板を用いたFC−CSPで採用されている。大面積を一括成形でき生産性を高められることに加え、薄型化が可能であることなどから採用が広がると予想される。
 2016年見込2020年予測2015年比
透明蒸着フィルム260億円302億円114.0%
 電子レンジ対応可能なボイル・レトルトなどの食品包装を中心に需要が増えている。その他、医薬品包装などのメディカル向け、工業・産業向けなど幅広い用途で使用され、市場は好調となっている。
 国内では、電子レンジ対応のボイル・レトルト向けが中心である。また、高いバリア性を持つため、賞味期限延長ニーズを背景に需要が拡大している。
 海外では、環境意識の高まりから、PVDCをコートしたバリアフィルムの代替として欧州を中心に採用が開始され、欧州は成熟しつつあるが、韓国、中国などのアジア地域を中心に需要は増加している。米国では缶、ビンでの採用が一般的で軟包装の文化があまり浸透していないため、需要は限定されるとみられるが、一部レトルト対応が可能なコンバーター向けやトレーのふた材などで需要がみられ、今後は微増が続くと予想される。
機能性高分子フィルムの国内市場
 1. 注目用途分野の市場
 2016年見込2020年予測2015年比
土木・建築分野1,340億円1,510億円116.2%
 土木・建築分野では、防水シートと遮水シートが市場の約8割を占めている。施工性が求められる製品としては、防水シート、化粧シートが挙げられ、現在需要の多くを占めているのが古くなった建築物の改修向けであり、施工性の高いフィルム製品は時間的な制約がある改修案件で高いニーズがある。付与機能メインに選定される製品としては、遮水シート、建築用ウィンドウフィルム、調光フィルムが挙げられ、既存施設向けより新規プロジェクトや新築施設向けの需要が多いとみられる。今後は東京五輪に向け、遮水シートは会場や周辺インフラ整備などに伴う需要増加、また、建築用ウィンドウフィルムは装飾用として商業施設や宿泊施設向けの需要増加、調光フィルムは主要用途であるホテル向けの需要増加が期待される。
内容の詳細につきましては『2017年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望』をご覧ください。
上記の内容は弊社独自調査の結果に基づきます。 また、内容は予告なく変更される場合があります。 上記レポートのご購入および内容に関するご質問はお問い合わせフォームをご利用ください、 報道関係者の方は弊社グループ広報部(TEL 03-3664-5697)までご連絡をお願いいたします。