PRESSRELEASE プレスリリース

第15070号

メンテナンス、保険、リース、遠隔監視などのサービスが拡大
再生可能エネルギー発電システム、関連機器・サービスの国内市場を調査
−2020年度予測(2014年度比)−
再生可能エネルギー関連サービス4,199億円(3.1倍)リースやメンテナンスの伸びがけん引

総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)の活用から自家消費への転換を見据えて注目される太陽光発電や、太陽光に代わり市場成長が期待されるバイオマス、風力、水力、地熱発電について、システム導入量やメンテナンス、保険などの関連サービス、主要構成機器の市場動向を明らかにした。併せて、関連するシステムインテグレータの動向を調査した。その結果を報告書「FIT・再生可能エネルギー発電関連システム・サービス市場 参入企業実態調査 2015」にまとめた。

◆調査結果の概要

1.再生可能エネルギー発電システムの国内市場

※各年度の完工案件分の施工費などを含むシステム設置金額を対象とした。

2014年度の市場は、太陽光、バイオマス、風力、水力、地熱発電システムの5分野で3兆6,487億円となった。太陽光発電システムが2012年度以降に設備認定を受けた案件の竣工により好調だった。しかし、2015年度以降は大型案件の一巡と、投資を目的とした10〜500kW程度の低圧やミドルソーラー案件の減少により、縮小するとみられる。

太陽光発電システムの縮小により、2020年度の市場は2014年度比46.1%減の1兆9,665億円が予測される。太陽光発電システムが縮小する一方、計画から竣工までの期間が長い水力をはじめとする風力や地熱発電システムなどは、竣工が本格化するため堅調な伸びが期待される。

2.再生可能エネルギー関連サービスの国内市場

※年間サービス料を対象とした。

2014年度の市場は、太陽光、バイオマス、風力、水力発電関連サービスの4分野で1,339億円となった。太陽光発電関連サービスが641億円、次いでバイオマス発電関連サービスが439億円となり、高い割合を占める。2020年度は各関連サービスが伸びるため、2014年度比3.1倍の4,199億円が予測される。太陽光発電関連は遠隔監視やメンテナンスのサービスなどがけん引し、2014年度比4.3倍の2,773億円が予測される。一方、バイオマス発電関連サービスは同84.1%増の808億円が予測されるものの、発電システム市場の縮小によりサービス需要の伸びは太陽光や水力発電関連と比べて小さい。水力発電関連サービスは2014年度時点では36億円と規模が小さいが、同6.5倍の235億円に拡大するとみられる。

サービス別では、2014年度時点は太陽光および風力発電関連でリースが占める割合が高い。太陽光発電関連のリースは、金額や容量ベースでは500〜2,000kW未満が中心であるが、補助金制度を背景に件数ベースでは50kW未満も増えている。風力発電関連のリースはリスクの定量化が難しいため、太陽光と比べると参入事業者が少ないが、1件当たりの金額が大きく今後も高い伸びが期待される。

水力やバイオマス発電関連ではメンテナンスの割合が高く、2014年度は水力発電関連の8割弱、バイオマス発電関連の9割以上を占めた。水力発電関連のメンテナンスはFIT開始後の大幅な案件増に伴う人手不足により、サービス単価が上昇している。また、バイオマス発電関連のメンテナンスのサービス単価は2014年度でkW当たり3万円以上と他の発電関連と比べて最も高くなっている。

◆調査対象

太陽光発電
システム
関連サービス
太陽光オンサイト発電サービス、太陽光発電リース、屋根貸しサービス、太陽光発電遠隔監視サービス、太陽光発電メンテナンスサービス、太陽光発電保険サービス
関連機器
太陽光発電パネル、パワーコンディショナ、高圧/特別高圧受電設備、太陽光発電併設蓄電池
バイオマス発電
システム
関連サービス
バイオマス発電遠隔監視サービス、バイオマス発電メンテナンスサービス、バイオマス発電保険サービス
関連機器
バイオマス直接燃焼ボイラ、バイオマスボイラ用蒸気タービン、バイオガス発電機
風力発電
システム
関連サービス
風力発電リース、風力発電遠隔監視サービス、風力発電メンテナンスサービス、風力発電保険サービス
関連機器
風力発電機、風力発電併設蓄電池
水力発電
システム
関連サービス
水力発電メンテナンスサービス、水力発電保険サービス
関連機器
水力発電機
地熱発電
システム
関連機器
水蒸気発電プラント、バイナリー発電
システムインテグレータ事例分析
太陽光発電7社、バイオマス発電4社、風力発電3社、水力発電2社、地熱発電1社

※一部の数字は四捨五入しています。このため合計と一致しない場合があります。

 


2015/07/31
     
上記の内容は弊社独自調査の結果に基づきます。 また、内容は予告なく変更される場合があります。 上記レポートのご購入および内容に関するご質問はお問い合わせフォームをご利用ください、 報道関係者の方は弊社グループ広報部(TEL 03-3664-5697)までご連絡をお願いいたします。