REPORTS調査レポート

    • エネルギー
    • 環境・社会・インフラ

    再エネアグリゲーションサービスのビジネスモデル分析と将来市場予測

    再エネアグリゲーションサービスのビジネスモデル分析と将来市場予測
    発刊日2024/06/14 162402707

    近年、日本でも再エネアグリゲーションサービスが勃興しています。本サービスは、FIPやオフサイトPPA/自己託送等、再エネ発電事業者に同時同量の責務が発生する再エネ発電設備を対象としたものであり、具体的には発電BGの組成/発電量予測/occtoへの計画提出等が行われています。加えて、市場取引の最適化、相対取引先の選定などを通じて、再エネ発電事業者の収益向上を目指すものです。これらの業務においては、蓄電池等の活用も期待されています。本調査では、主要参入企業へヒアリング調査を行い、再エネアグリゲーションサービスのビジネスモデル、サービス展開やマネタイズに向けたポイント/課題点を明らかにします。また、ヒアリング調査等に基づき、将来市場規模を予測します。

調査項目

【総括編】
 1.再エネアグリゲーションサービスの市場規模推定/予測
 2.再エネアグリゲーションサービスのビジネスモデルまとめ
 3.主要参入企業の特長・強みに関する比較分析
 4.主要参入企業のサービス提供実績一覧
 5.サービス展開やマネタイズに向けたポイント/課題点
 6.関連制度動向

【企業事例編】
 1.企業概要
 2.再エネアグリゲーションサービスのビジネスモデル
 3.自社の特長・強み
 4.アライアンス動向
 5.サービス提供実績
 6.サービス展開やマネタイズに向けたポイント/課題点
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 900,000円 990,000円 -
書籍版 PDF版 990,000円 1,089,000円
  • レポート本文をPDFファイルで提供します。ネットワーク共有はできません。