レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • ケミカル・マテリアル

容器包装における紙化の将来性と高機能化動向

容器包装における紙化の将来性と高機能化動向
発刊日2020/12/24 172008707

海洋マイクロプラスチック問題を契機に、あらゆる分野で脱プラスチックの流れが加速しています。特にプラスチック使用量が多い容器包装を中心にリサイクルやプラスチック使用量の削減、環境負荷を低減する素材・製品の拡充が求められています。その中で環境負荷を低減する素材として、紙を用いて容器包装を生産することでプラスチック使用量を削減する動きが活発化しており、最新の情報が求められています。そこで、脱プラスチックの潜在ニーズが高い食品分野や日用品分野を中心に、プラスチック容器・軟包装においてプラスチックから紙への代替動向を分析することで、容器包装における紙化の将来性を明らかにします。また、製紙メーカーや包装メーカー、容器包装ユーザー(食品メーカー、流通大手など)の開発動向や紙化の見解も調査することで、各企業の容器包装における紙化の事業戦略を分析します。

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 600,000円 660,000円 -
書籍版 PDF版 660,000円 726,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。