レポート紹介

自動車分野に於ける自己修復材料の研究開発動向と将来市場予測

レポートサムネイル

自己修復材料は、政府の日本再興戦略に於けるインフラ長寿命化計画の中心テーマであるが、当レポートは、自己修復材料の研究開発が進展し、自動車分野への横展開が行われた場合、どのくらいの市場ポテンシャルが期待できるのかを予測・分析しています。

ケミカル・マテリアル / 自動車・輸送

発刊日 2014/09/30

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 800,000円 864,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート