レポート紹介

催事別食品マーケットの徹底解明 2014

レポートサムネイル

消費税増税で消費者の節約志向の高まりが懸念される中、催事に合わせた売場作りは買い物の楽しみを提供し、購買動機を高めるものとして注目されています。本調査では催事期の定番メニュー・専用商品に加えて、新メニューの提案・販売動向を調査し、催事期メニューの最新動向を明らかにすることに加え、流通チェーンの催事プロモーションに対する取組みを収載しています。

フード・フードサービス

発刊日 2014/07/23

目次

 調査結果サマリー
 
 I. 総括編
 
   1. 催事別主要メニュー別市場規模推移(17)
   2. 催事別主要メニュー別チャネル別販売動向(24)
   3. 催事別主要メニューにおけるサプライヤーシェア状況(36)
   4. 催事別食品カテゴリーの購入金額指数(家計調査)(40)
   5. 催事別購入金額指数ランキング(家計調査)(70)
   6. 食品カテゴリー別月別購入金額(家計調査)(81)
   7. 月別催事テーマ一覧(109)
   8. 催事別注目小売チェーン・主要食品メーカーのMD展開状況(121)
   9. 外食市場における催事プロモーションの展開状況(155)
 
 II. 催事別市場分析編
 
 (A個票)
   A−1. 正月・年始(161)
   A−2. 受験生応援(171)
   A−3. 節分(179)
   A−4. バレンタインデー(188)
   A−5. ひなまつり(200)
   A−7. こどもの日(216)
   A−8. ハロウィーン(222)
   A−9. ボジョレー・ヌーボー(231)
   A−10. クリスマス(238)
 
 (B個票)
   B−1. 春彼岸(251)
   B−2. イースター(255)
   B−3. お花見(260)
   B−4. 母の日(266)
   B−5. 父の日(271)
   B−6. 半夏生(276)
   B−7. 夏の節分(280)
   B−8. 七夕(284)
   B−9. 土用の丑(290)
   B−10. お盆・帰省(295)
   B−11. 敬老の日(299)
   B−12. 七五三(302)
   B−13. 年末(307)
 
 ?. 流通事例編
 
 (C個票)
   C−1. ヨークベニマル(313)
   C−2. ヤオコー(315)
   C−3. 東武ストア(317)
   C−4. 関西スーパーマーケット(319)
   C−5. ダイエー(321)
   C−6. 高島屋(322)
   C−7. 松屋銀座(324)
   C−8. ローソン(326)
   C−9. ファミリーマート(328)
   C−10. スリーエフ(330)

関連情報

伝統的な行事である正月、新たに定着するハロウィーンなどイベントにおける加工食品市場を調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 140,000円 151,200円

在庫なし

PDF版 140,000円 151,200円
PDF/データ版 150,000円 162,000円
書籍版・PDF/データ版セット 160,000円 172,800円
ネットワークパッケージ版 280,000円 302,400円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート