レポート紹介

ヒートポンプ 温水・空調市場の現状と将来展望 2015

レポートサムネイル

ヒートポンプ・空調市場を総合的にまとめた国内唯一のレポートです。空調・温水市場を網羅的に把握することが可能です。2013年版より、ヒートポンプ機器のみならず、燃焼系温水・空調機器を対象に加えています。2015年版ではさらに、冷凍・冷蔵ショーケース、瞬間式電気給湯器、業務用除湿機等の品目を追加したほか、冷媒規制の動向やコアコンポーネントの情報を拡充しました。

エネルギー

発刊日 2014/11/20

改訂版レポート案内

ヒートポンプ 温水・空調市場の現状と将来展望 2019

目次

 総括編
 
   1. ヒートポンプ 温水・空調市場の現状と将来展望(3)
   2. 世界エリア別競合機器状況
    2−1. 住宅分野
     2−1−1. 空調関連機器(5)
     2−1−2. 給湯関連機器(6)
     2−1−3. 暖房関連機器(7)
    2−2. 業務・産業分野(8)
   3. 国内施設別競合機器状況
    3−1. 住宅(11)
    3−2. 業務施設(12)
     3−2−1. 事務所(13)
     3−2−2. 店舗(13)
     3−2−3. 宿泊施設(14)
     3−2−4. 医療施設(14)
     3−2−5. 文教施設(15)
    3−3. 産業施設(16)
   4. 機器の平均容量/容量単価推移
    4−1. 機器の平均容量推移(17)
    4−2. 機器の容量単価推移(19)
   5. ヒートポンプ関連企業のアライアンスマップ
    5−1. 空調関連機器(21)
    5−2. 暖房関連機器(22)
    5−3. 給湯関連機器(23)
    5−4. 冷凍・冷蔵関連機器(23)
 
 集計編
 
   1. 機器別市場規模推移(2012年〜2020年)
    1−1. 世界市場規模推移
     1) 市場規模推移(2012年〜2020年)[金額ベース](27)
     2) 市場規模推移(2012年〜2020年)[数量ベース](28)
     3) 市場規模推移(2012年〜2020年)[容量ベース](29)
    1−2. 国内市場規模推移
     1) 市場規模推移(2012年〜2020年)[金額ベース](30)
     2) 市場規模推移(2012年〜2020年)[数量ベース](31)
     3) 市場規模推移(2012年〜2020年)[容量ベース](32)
   2. エリア別用途動向と市場予測(2014年,2016年,2020年)[数量ベース]
    2−1. 日本市場(33)
    2−2. 中国市場(34)
    2−3. 他アジア市場(35)
    2−4. 欧州市場(36)
    2−5. 北米市場(37)
    2−6. その他エリア市場(38)
   3. メーカーシェア一覧[2014年]
    3−1. 世界市場(39)
    3−2. 国内市場(40)
   4. 参入企業一覧(41)
 
 個別品目編
 
  【住宅分野】
   1. ルームエアコン(51)
   2. 地中熱利用ヒートポンプ(63)
   3. 住宅向けヒートポンプ式温水暖房機(72)
   4. 住宅向け燃焼式温水暖房機(81)
   5. 住宅向けヒートポンプ式給湯器(89)
   6. 瞬間式電気給湯器(98)
   7. 住宅向け燃焼式給湯器(104)
 
  【業務・産業分野】
   8. マルチ式エアコン(VRF)(117)
   9. チリングユニット(127)
   10. ターボ冷凍機(137)
   11. 業務・産業用除湿機(146)
   12. ガスエンジン・ヒートポンプエアコン(152)
   13. 吸収式冷凍機(冷温水発生器)(159)
   14. 業務用ヒートポンプ給湯器(167)
   15. 排熱回収ヒートポンプ(173)
   16. 蒸気発生ヒートポンプ(179)
   17. 温水ボイラ(184)
   18. 蒸気ボイラ(190)
   19. バイナリー発電(196)
   20. 冷凍・冷蔵ショーケース(202)
 
  【輸送・移動体分野】
   21. カーエアコン(215)
   22. 電動自動車用カーエアコン(222)
 
  【個別品目編記載項目】
   1. 市場定義
   2. 国内・世界市場概要・推移(2012〜2020年)
    1) 全般 2) ヒートポンプ
   3. エリア別シェア(2014年見込、2016年予測、2020年予測)
    1) 全体(販売) 2) 全体(生産)
   4. エリア別用途動向(2014年見込)
    1) エリア別用途動向 2) 用途動向(日本詳細)
   5. エリア別競合動向
   6. 主要製品一覧
   7. 冷媒採用(代替・転換)の方向性、製品開発動向
    1) 冷媒採用(代替・転換)の方向性 2) 冷媒種別割合(国内) 3) 冷媒種別割合(世界)
    4) 製品開発動向 5) コンプレッサー種別割合(国内) 6) コンプレッサー種別割合(世界)
   8. メーカーシェア(2014年見込)
    1) 国内メーカーシェア 2) 世界メーカーシェア
   9. 主要メーカーの動向
    1) 主要メーカーの注力エリア 2) 主要メーカーの動向  3) 企業再編の動き
   10. 主要メーカーの生産・開発拠点
   11. 参入企業一覧
   ※記載がない個別品目もある    
 
 冷媒編
 
   1. 概要
    1) 主要な冷媒特性と採用動向(231)
    2) 主要冷媒の特徴(231)
    3) 冷媒×容量×製品×温度帯採用マップ(232)
    4) 主な動向(232)
   2. エリア別動向
    1) 日本(233)
    2) 欧州(233)
    3) アメリカ(234)
    4) 中国(235)
    5) 他アジア(235)
    6) 南米(235)
   3. 製品動向
    1) エアコン(236)
    2) カーエアコン(237)
    3) アプライド製品(238)
    4) 冷凍・冷蔵(239)
    5) 温熱発生ヒートポンプ(240)
 

関連情報

規制による冷媒の動向が注目のヒートポンプ関連機器など空調機器・温水機器の世界市場を調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 180,000円 194,400円

在庫なし

PDF版 180,000円 194,400円
PDF/データ版 190,000円 205,200円
書籍版・PDF/データ版セット 200,000円 216,000円
ネットワークパッケージ版 360,000円 388,800円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート