レポート紹介

住生活産業におけるオープンイノベーションのキービジネスとなるソフトサービス事業分析総調査

レポートサムネイル

国内の人口数の縮小傾向を考慮すると今後は新築の住宅市場は減少していくと予測されております。こうした住宅環境が厳しさを増していく中、今後の住宅業界は「ソフト面でのサービス」こそが「ビジネス」となる時代が到来すると推測され、住生活産業を取り囲む「オープンイノベーション」は今後活発化が予測されます。当該調査では、1.生活支援サービス、2.高齢者支援サービス、3.子育て支援サービスを取り上げ、市場拡大が見込める合計20サービス市場を分析するとともに、今後キービジネスとなるサービス事業を展開する企業を分析し、今後の鍵となるソフトサービスを調査分析しております。

建築・住宅

発刊日 2015/03/27

目次

 I. 市場分析編
 
  ・生活支援サービス
   1. 家事代行サービス(1)
   2. ハウスクリーニングサービス(4)
   3. ネットスーパー(7)
   4. 宅配クリーニングサービス(10)
   5. カーシェアリングサービス(12)
   6. 留守宅管理サービス(15)
   7. 水宅配サービス(17)
   8. 水廻り出張修理サービス(19)
   9. 家具・家電レンタルサービス(21)
   10. ペットシッターサービス(23)
   11. 住み替え支援サービス(25)
  ・高齢者支援サービス
   12. 高齢者見守りサービス(27)
   13. 高齢者向け食事宅配サービス(29)
   14. サービス付き高齢者向け住宅(31)
   15. 訪問介護サービス(34)
   16. 資産活用支援サービス(37)
  ・子育て支援サービス
   17. 児童見守りサービス(40)
   18. 保育園(43)
   19. 学童保育(46)
   20. ベビーシッターサービス(50)
 
 II. 企業分析編
 
   1. 長谷川興産(53)
   2. アクアクララ(63)
   3. ヨシハラ(70)
   4. ミサワホーム(77)
   5. シニアライフクリエイト(85)
   6. 拓人こども未来(95)
 
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 750,000円 810,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート