レポート紹介

東名阪ザラ場外食における業務用商品の流通実態調査

レポートサムネイル

国内の外食市場は、高度経済成長以降に外食チェーンが拡大してきましたが、未だ過半数は個人経営店で構成されております。個人経営店では、仕入商品の原料事情による値上げの影響や卸売業のサービスの多様化などからモノの調達方法が変化しています。本レポートは、ユーザー編、中間流通編の構成となっております。ユーザー編は6業態(料飲店、喫茶、レストラン、宿泊宴会場、高齢者施設、テイクアウト)に区分した個人経営店255件に対して仕入ルートの変化やその理由をヒアリングし、業態毎に変化の傾向をまとめています。中間流通編は、ネット通販・カタログ通販・C&Cの3業態に関して、品目別のマーケット推移を解明しています。特に”高齢者施設向けカタログ・ネット通販”や“ネット注文のみ割引”などの利便性が支持され、市場は拡大しています。

フード・フードサービス

発刊日 2015/08/10

目次

 仕入方法のヒアリング結果【N261】
 
   1. 料飲店・仕入先の変化(2)
    料飲店トピックス(8)
   2. 喫茶・仕入先の変化(9)
    料飲店トピックス(13)
   3. レストラン・仕入先の変化(14)
    レストラントピックス(18)
   4. 宿泊宴会場・仕入先の変化(19)
    宿泊宴会場トピックス(28)
   5. 高齢者施設・仕入先の変化(30)
    高齢者施設トピックス(38)
   6. テイクアウト・仕入先の変化(41)
    テイクアウトトピックス(46)
 
   流通編1. 業務用ネット通販(47)
   流通編2. キャッシュアンドキャリー(55)
   流通販3. カタログ通販(61)
 
   企業編1. Mマート(68)
   企業編2. ウィルモール(72)
   企業編3. ミクリード(76)
 
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 500,000円 540,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート