レポート紹介

自動車用木材系ナノセルロースの研究開発動向と実用化の展望

レポートサムネイル

自動車用セルロースナノファイバー及びセルロースナノクリスタルに関して国・公的機関・大学・関連企業(材料、機械、自動車、自動車部品)の研究開発事例と今後の実用化動向を展望します。

ケミカル・マテリアル / 自動車・輸送

発刊日 2015/12/22

目次

A.自動車用ナノセルロースの市場展望編	1
1.自動車用ナノセルロースの採用シナリオ	2
2.自動車用ナノセルロースの内装材・外装材別市場規模予測	6
3.自動車用ナノセルロースの技術ロードマップ	8
4.自動車用CNFへの国の支援と課題整理	9
5.ナノセルロースの標準化動向	11
	
B.自動車用ナノセルロース研究開発動向編	13
1.研究機関別研究開発テーマ、内容、課題、方向性	14
2.研究機関別特許動向	20
3.海外に於ける研究開発動向	24
	
C.ケースステディ編	32
1.国・コンソーシアム編	33
(1)農林水産省	34
(2)環境省	39
(3)経済産業省	43
(4)ナノセルロースフォーラム	49
2.公的研究機関編	57
(1)京都市産業技術研究所 高分子系チーム	58
(2)名古屋市工業研究所 有機材料研究室	63
(3)あいち産業科学技術総合センター	64
(4)岡山県工業技術センター	66
(5)兵庫県立工業技術センター	69
(6)産業技術総合研究所 中国センター	74
3.大学編	78
(1)九州大学 農学研究科	79
(2)鳥取大学 工学研究科	85
(3)徳島大学・エコマテリアル研究室	90
(4)静岡大学 農学部/総合科学技術研究科	94
(5)三重大学 木質分子素材制御学研究室	97
(6)東京農工大学 環境資源物質科学部門	101
(7)神戸大学 工学研究科	103
(8)北海道大学 大学院工学研究院	108
(9)東京大学大学院 農学生命科学研究科	111
(10)大阪大学 産業科学研究所	121
(11)京都大学 生存圏研究所 	125
4.製紙メーカー編	133
(1)三菱製紙株式会社	134
(2)中越パルプ工業株式会社	137
(3)大王製紙株式会社	146
(4)日本製紙株式会社	151
(5)王子ホールディングス株式会社	163
5.ケミカルメーカー編	170
(1)株式会社ダイセル	171
(2)星光PMC株式会社	175
(3)三菱化学株式会社	181
(4)三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社	185
(5)第一工業製薬株式会社	188
6.加工機械メーカー編	191
(1)モリマシナリー株式会社	192
(2)株式会社スギノマシン	194
(3)日本製鋼所株式会社	202
7.自動車メーカー編	206
(1)トヨタ自動車株式会社	207
(2)日産自動車株式会社	209
(3)本田技研工業株式会社	211
(4)マツダ株式会社	212
(5)富士重工業株式会社	213
(6)三菱自動車工業株式会社	214
(7)Volkswagen AG	215
(8)General Motors Company, LLC	216
8.自動車部品メーカー編	217
(1)株式会社ブリヂストン	218
(2)住友ゴム株式会社	220
(3)株式会社デンソー	222
(4)トヨタ車体株式会社	224
(5)トクラス株式会社	225

[ケーススタディ編調査項目] 
(1.国・コンソーシアム編)
1.関連組織
2.組織の機能と活動目標
3.活動内容
(2.公的研究機関編)
1.研究所概要
2.関連組織と研究開発キーマン
3.当該テーマの研究開発内容(概要/成果と課題/方向性)
4.特許動向
(3.大学編)
1.大学概要
2.研究開発組織と研究開発キーマン
3.当該テーマの研究開発内容(概要/成果と課題/方向性)
4.特許動向
(4.製紙メーカー編、5.ケミカルメーカー編、6.加工機械メーカー編)
1.企業概要
2.当該事業の事業推進・研究開発体制
3.当該事業の上市商品
4.当該事業の販売動向
5.当該事業の主要販売先(もしくは想定販売先)
6.当該事業のマーケティング課題と課題解決の方向性
7.当該事業の研究開発テーマ・内容と研究開発課題
8.当該事業の特許動向
9.当該事業の研究開発の方向性
10.当該事業の将来見通し
(7.自動車メーカー編、8.自動車部品メーカー編)
1.企業概要
2.当該材料の事業推進・研究開発体制
3.当該材料のポテンシャルに対する考え方
4.当該材料の採用部位に対する考え方
5.当該事業の特許動向
6.当該材料の技術及びコスト課題
7.当該材料の事業化時期に対する考え方
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 800,000円 864,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート