レポート紹介

がん診療における悪液質に関する栄養管理実態及び開発品評価の分析、アンメットニーズ探索調査

レポートサムネイル

がん治療専門医30名に対して、悪液質に対する現状の管理方法とその課題、アンメットニーズ、開発品の評価、期待される創薬ターゲットなどをヒアリング調査により明らかに致します。また、がん種による違いや、NST(栄養サポートチーム)との連携、栄養剤・輸液等の評価なども詳細に把握いたします。本調査により、がん治療における悪液質の管理の実態やアンメットニーズを明らかに致します。

医薬品・メディカル

発刊日 2017/06/19

目次

I.総括	4

II.集計分析	11
 1.がん患者さんの実態・実践についての設問	13
 2.チーム医療の実態	33
 3.がん悪液質についての設問	44
 4.がん悪液質での栄養剤及び薬剤別処方患者数	61
 5.栄養剤、薬剤別の評価、位置づけ、効果・副作用に関する設問	64
 6.開発品の評価とその理由	78
 7.開発品上市後の処方動向の予測	83
 8.期待する創薬ターゲットとその理由	86

III .ドクター個表	93
 ◆肺がん 10名
 ◆消化器がん 10名
 ◆その他 10名
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 1,800,000円 1,944,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート