レポート紹介

次世代EVの中核技術である『インホイールモータ』のR&Dと市場ポテンシャル

レポートサムネイル

近年、中国、インド等の新興国及び欧米など世界におけるEV市場が急拡大する様相を呈しています。EVの基幹技術は、「電池」と「モータ」であるが、電池に関しては、走行距離、充電方法、充電時間等々、着々と研究開発が進展しています。一方、モータに関しては既存のモータ技術の進展は見られるものの、イノベーションが起きるところまでは至っていません。そのような中、究極の電気自動車用モータと言われている「インホイールモータ」の研究開発が進み、ワイヤレス型インホイールモータが発表されています。当レポートでは、「インホイールモータ」の研究開発動向と、技術ロードマップ、将来市場予測を明らかにします。

自動車・輸送

発刊日 2018/01/19

目次

A.インホイールモータ市場将来予測編	1
 1.自動車総市場に於ける次世代自動車の普及シナリオ
 2.次世代自動車に於けるEVの普及シナリオ
 3.EVの市場規模予測(2020年/2025年/2030年)
 4.EV駆動用モータのモータ種類別市場予測(2020年/2025年/2030年)
 5.EV駆動用モータのモータ種類別技術ロードマップ
 6.インホイールモータの市場阻害要因と実用化のポイント

B.EV駆動用モータ市場分析編	11
 1.EVの市場形成と駆動用モータの種類別採用経緯
 2.自動車総市場に於けるEVのエリア(国内・北米・欧州・アジア・その他)別市場規模推移
 3.EV駆動用モータのモータ種類別市場規模推移
 4.EV駆動用モータの市場シェア分析
 5.自動車市場に於けるEVの課題整理
 6.EV駆動用モータの種類別課題と研究開発の方向性
 7.インホイールモータに対しての国家プロジェクト及び国の研究開発支援体制
 8.インホイールモータの大学及び民間企業の研究開発動向
 9.インホイールモータ以外のEV用駆動モータの開発テーマ
 10.EV駆動用モータの新規参入・注力動向
 11.EV関連企業の階層(完成車、電装品、部品・材料)別EV駆動用モータに対する考え方と
   インホイールモータの評価

C.インホイールモータ研究開発事例編	50
 C-a.大学・公的研究機関編	8事例(大学7校、公的研究機関1機関)	51
 C-b.民間企業編	21事例(完成車メーカー5社、電装品メーカー5社、部品・材料メーカー8社、
   ベンチャー企業3社)	75


(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 900,000円 972,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート