レポート紹介

自動運転車がもたらす車内空間の変化と将来予測

レポートサムネイル

完全自動運転車の市場性と、車内空間の変化に伴う、内装部品およびHMIの市場動向、要求特性、高機能化等を分析しています。

自動車・輸送

発刊日 2018/01/30

目次

車内空間分析編	1
 1.自動運転車の概要	2
  1) 自動運転車の定義	2
  2) ビジネスモデルの変化	3
  3) 完全自動運転時代における業界構造	4
  4) IT×自動車×シェアサービス提携状況	5
  5) 異業種プレイヤーの分析	6
   (1) Google	6
   (2) Apple	7
 2.自動運転車の市場概況	8
  1) 自動運転車のレベル別市場規模推移(2017年見込〜2035年予測)	8
  2) 完全自動運転車の市場規模推移(2022年予測〜2035年予測)	9
  3) 完全自動運転車の用途別市場規模推移(2020年予測〜2035年予測)	10
   (1) レベル4(2020年予測〜2027年予測)	10
   (2) レベル4(2028年予測〜2035年予測)	11
   (3) レベル5(2028年予測〜2035年予測)	12
  4) 完全自動運転車の国・地域別市場規模推移(2020年予測〜2035年予測)	14
   (1) レベル4(2020年予測〜2027年予測)	14
   (2) レベル4(2028年予測〜2035年予測)	15
   (3) レベル5(2028年予測〜2035年予測)	16
  5) 完全自動運転車市場予測の楽観シナリオと慎重シナリオ	20
   (1) 楽観シナリオ(2020年予測〜2035年予測)	20
   (2) 慎重シナリオ(2020年予測〜2035年予測)	21
 3.自動運転車がもたらす車内空間の変化	22
  1) 背景	22
  2) レベル4自動運転車	23
  3) レベル5自動運転車	26
  4) 運転用内装部品	28
  5) HMIの変化	29
  6) クルマと歩行者のHMI	30
 4.法規制・社会受容性の動向	31
  1) 世界各国の「道路交通に関わる国際条約」加盟状況	31
  2) 主要国の規制	32
   (1) 日本	32
   (2) 米国	33
   (3) 欧州	33
   (4) 中国	33
  3) 社会受容性	34
  4) 自動運転における損害賠償責任および保険	35
  5) 内装規制	37
 5.技術課題・付加機能	38
  1) 完全自動運転車の技術課題およびブレークスルー	38
  2) 車内空間の変化における付加機能	39
  3) 汚れ・匂いに関する機能の市場規模推移(2020年予測〜2035年予測)	41
   (1) 抗菌機能	41
   (2) 防臭機能	42
   (3) 防汚機能・クリーニング機能	43
 6.車載通信技術	44
  1) 技術と用途分類	44
  2) 各通信技術の特徴	44

[A]内装部品・HMI市場編	46
 1.シート	47
 2.ルーフ	55
 3.ディスプレイ	61
 4.HUD	69
 5.タッチパネル	75
 6.タッチスイッチ/タッチパッド	81
 7.空中ディスプレイ	87
 8.音声インターフェイス	95
 9.ジェスチャーインターフェイス	101
 10.内装照明	106
 11.車載マイク	114
 12.車内用センサー	118
 13.カーエアコン	126

[B]マテリアル市場編	132
 1.ウインドウ	133
 2.加飾フィルム	139
 3.吸音材	147
 4.表面コーティング材	154

[C]自動車メーカー事例編	158
 1.トヨタ自動車	159
 2.日産自動車	171
 3.本田技研工業	175
 4.BMW	181
 5.Daimler	184
 6.Volkswagenグループ	188

[D]部品メーカー事例編	193
 1.デンソー	194
 2.Bosch	199
 3.Continental	202

[E]サービス企業事例編	208
 1.ソフトバンクグループ	209
 2.ディー・エヌ・エー	212
 3.ヤマト運輸	215

[F]大学事例編	218
 1.金沢大学	219
 2.群馬大学	222
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 600,000円 648,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート