レポート紹介

国内エリア別データ分析及び食需要の将来予測レポート

レポートサムネイル

中長期的な人口減少が叫ばれる中で、札幌市・仙台市・東京23区・千葉市・さいたま市・横浜市・名古屋市・大阪市・広島市・福岡市といった主要都市は逆に人口が増加しています。今後の国内消費の有望なエリアはどこなのか、前述した都市別に人口・観光客・市販用チャネル・外食業態・各種施設の食品市場規模と動向、未来予測を分析しております。

フード・フードサービス

発刊日 2018/06/29

目次

分析編								
 A.人口動態編	4
  1.人口の推移からみる各ブロックにおける対象都市のポジショニング	5
  2.対象都市の少子高齢化傾向と予測	12
  3.世帯人数・構成変化から見る食事形態の将来予測	13
  4.観光立国に向けた各都市観光客数属性とその予測	22

 B.市販用チャネルマーケット分析	33
  1.各チャネル間成長性と食需要横断分析	34
  2.各エリアにおける人口あたりのチャネル店舗数とその傾向	36
  3.ヘルス系チャネルと食品市場との連動とその可能性	38
  4.各チャネルにおける食品カテゴリーの取扱の方向性	39
  5.チャネル間横断分析から見る価格動向と方向性	41
 C.外食産業編	42
  1.各業態上位プレーヤーにおける出店戦略と将来予測	43
  2.各エリアにおける人口1人あたりの店舗数推移と将来予測	46
  3.囲い込むターゲット属性と訪れる限界と変化	49
  4.予測される価格帯別需要動向と方向性	53
  5.2025年以降有望と目される外食産業とその理由	55

 D.施設編	56
  1.各施設種類横断分析から見る少子高齢化傾向	57
  2.各施設で提供される食事数推移と将来予測	58
  3.各施設でメインとなる食事提供形態とその変化の可能性	59
  4.各施設将来予測から見る変化の可能性と有望性	62

 E.各都市エリア戦略分析と将来展望	63
  1.関連省庁・法制度・公共投資等によるバックアップ	64
  2.都市再開発計画・建設計画動向	67
  3.各地方自治体が描く将来像と展望	71
  4.東京オリンピック開催への関連性とインフラ整備等状況	72
  5.今後のエリア別中長期展望と有望性	75
  6.各エリア軸から見るチャネル・外食・施設状況	76
  7.各都市の将来予測・有望性	81

統計・市場編
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 450,000円 486,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート