レポート紹介

国内エリア別データ分析及び食需要の将来予測レポート

レポートサムネイル

中長期的な人口減少が叫ばれる中で、札幌市・仙台市・東京23区・千葉市・さいたま市・横浜市・名古屋市・大阪市・広島市・福岡市といった主要都市は逆に人口が増加しています。今後の国内消費の有望なエリアはどこなのか、前述した都市別に人口・観光客・市販用チャネル・外食業態・各種施設の食品市場規模と動向、未来予測を分析しております。

フード・フードサービス

発刊日 2018/06/29

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 500,000円 540,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート