レポート紹介

変形性関節症の保存療法及び疼痛管理の実態と将来動向予測調査

レポートサムネイル

整形外科で変形性関節症を専門的に診ている医師20名を対象とした医師調査です。抗体医薬や配合剤が後期臨床段階あり、今後の治療変化が見込まれます。本調査では、医師取材により、現状の治療実態や開発品の評価、開発品上市後の治療変化を検証します。

医薬品・メディカル

発刊日 2018/11/19

目次

I.総括	1
II.集計分析	19
III.ドクター個票	119  
 1.島根大学医学部付属病院(整形外科)	119
 2.大阪大学医学部附属病院(整形外科)	129
 3.九州大学医学部附属板橋病院(整形外科)	139
 4.久留米大学医療センター(整形外科)	149
 5.富山大学医学部附属病院(整形外科)	159
 6.新潟福祉大学病院(整形外科)	169
 7.愛知医科大学病院(整形外科)	179
 8.順天堂大学医学部附属医院(整形外科)	189
 9.熊本大学附属病院(整形外科)	199
 10.金沢大学附属病院(整形外科)	09
 11.県立広島病院(整形外科)	218
 12.済生会宇都宮病院(整形外科)	228
 13.東名厚生病院(整形外科)	239
 14.博慈会記念病院(整形外科)	249
 15.春江病院(整形外科センター)	259
 16.大塚病院(整形外科)	268
 17.長寿医療研究センター(ロコモフレイルセンター)	277
 18.函館中央病院(整形外科)	287
 19.Aクリニック(東京)(整形外科)	297
 20.Bクリニック(東京)(整形外科)	307
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 1,200,000円 1,296,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート