レポート紹介

自動運転車における車室内・車外センサーのR&D・高機能化動向と市場展望

レポートサムネイル

自動運転車に必要とされるミリ波レーダー等9種類のセンサーについて、市場規模、最新技術、要求性能、また車体各部に与える影響を調査します。運転支援から自動運転までステージ別に区分し、ステージ毎に市場変化を分析・予測します。

自動車・輸送 / 電子機器・電子部品

発刊日 2019/02/01

目次

総括編	1
 1)車室内/車外センサー市場の概要、設置目的・部位	1
 (1)自動運転車の定義	1
 (2)センサー別動向	2
 (3)車体全体動向	3
 (4)レベル4・自動運転車における車室内センサーの想定される課題一覧	5
 2)車室内/車外センサーの世界市場規模推移・予測	7
 3)車室内/車外センサーの技術開発動向および採用動向	8
 4)車室内/車外センサーが現在抱えている問題点および課題	10
 5)自動運転車の世界市場規模推移・予測	11
 6)車室内・車外センサーに関連する法規制動向	12
 (1)世界各国の「道路交通に関わる国際条約」加盟状況	12
 (2)内装規制	13
 7)センサーメーカー別事業戦略概要	14

 [A]車室内センサー市場編	18
  1.赤外線センサー	18
  2.生体センサー	27
  3.ガスセンサー	36
  4.圧力センサー	44
  5.温度センサー	53
  6.超音波センサー	61

[B]車外センサー市場編	69
  7.ミリ波レーダー	69
  8.準ミリ波レーダー	79
  9.レーザーレーダー(LiDAR)	88
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 800,000円 864,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート