レポート紹介

海洋マイクロプラスチック汚染問題を背景とした生分解性プラスチックのニーズ調査

レポートサムネイル

海洋マイクロプラスチック汚染の本質的な問題を深堀し、プラスチック代替技術・素材の市場性、問題点等を調査することでプラスチック代替の将来性を分析します。

ケミカル・マテリアル

発刊日 2019/01/29

目次

【A.総括編】	1
 1.海洋マイクロプラスチック汚染問題の概要	2
  1)海洋マイクロプラスチックの定義	2
  2)海洋マイクロプラスチックの分類	2
  3)海洋マイクロプラスチック汚染問題の認識の広がり	2
  4)海洋マイクロプラスチック形成過程	2
 2.海洋ごみ・海洋マイクロプラスチック数量	3
  1)日本沿岸に漂着した人工物の構成	3
  2)太平洋における海洋マイクロプラスチックと浮流ゴミの重量比率	3
  3)世界での海洋ごみ発生数量	4
  4)世界プラスチックの生産量	4
  5)世界海洋プラスチックごみ発生量	5
  6)世界海洋マイクロプラスチック量	6
 3.海洋ごみ・マイクロプラスチックの分布	7
  1)管理できていないごみ排出国ワーストランキング(トップ20国)	7
  2)世界での海洋ごみ発生国	7
 4.各国の環境規制動向	8
  1)日本「プラスチック資源循環戦略」	8
  2)日本の環境規制	9
  3)マイクロプラスチックビーズに対する規制	9
  4)欧州委員会の10品目	10
  5)使い捨てプラスチック製品に対する各国の規制	11
  6)海外の環境規制	12
    ※1 海洋プラスチック憲章	15
    ※2 EUプラスチック戦略	15
    ※3 プラスチックヨーロッパ	16
 5.マイクロプラスチックの発生源と疑われている製品	18
  1)マイクロプラスチックビーズ	18
  2)マイクロプラスチックファイバー	18
  3)タイヤ	18
  4)靴用ゴム	18
  5)農業用マルチフィルム	18
  6)レジ袋	19
  7)PETボトル	20
  8)ストロー	20
  9)食品包装用トレー	20
  10)漁具	20
 6.脱プラスチックの普及シナリオ	21
  1)プラスチック使用量の削減	21
  2)マテリアルリサイクル	21
  3)モノマテリアル化	22
 7.分類・製品別の脱プラスチック動向	22
 8.石油系プラスチック代替分析	25
  1)生分解性プラスチック	25
  2)生分解性プラスチック用添加剤	25
  3)包装材料用コーティング剤	25
  4)酸化型生分解性プラスチック	26
  5)バイオマスプラスチック	26
   (1)バイオPET世界市場	27
   (2)バイオPET世界市場シェア	27
   (3)バイオPE世界市場	28
   (4)バイオPE世界市場シェア	28
   (5)バイオマスプラスチック価格	28
  6)紙	29
  7)パルプモウルド	29
  8)セルロースフィルム	29
 9.プラスチックリサイクル動向	30
  1)プラスチック生産	30
   (1)プラスチックの種類別生産の内訳	30
   (2)プラスチックの用途製品別生産の内訳	30
  2)ごみの排出量	30
  3)廃プラスチックの処理と資源化	31
   (1)有効利用量の内訳	31
   (2)廃プラスチック総排出量の内訳	31
   (3)廃プラスチック樹脂別内訳	32
   (4)マテリアルリサイクル向け原料の内訳	32
   (5)マテリアルリサイクル向け使用済製品内訳	32
   (6)マテリアルリサイクル向け原料の樹脂別内訳	33
   (7)プラスチックごみの内訳	33
 10.大学、工業会動向	34
  1)大学	34
  2)工業会・団体	34

【B.生分解性プラスチック市場編】	35
 1.生分解性プラスチックの定義、分類、価格	36
  1)生分解性プラスチックの定義	36
  2)生分解性プラスチックの分類(タイプ別)	36
  3)生分解性プラスチックの分類(系別)	36
  4)生分解性プラスチックの種類	37
  5)生分解性プラスチック物性表	39
  6)生分解性比較	39
  7)価格	40
 2.参入メーカー一覧と生産拠点、能力	40
  1)参入メーカー一覧	40
  2)生産拠点、能力	41
 3.生分解性プラスチックの市場規模推移(2017年実績〜2030年予測)	42
  1)生分解性プラスチック世界市場	42
  2)生分解性プラスチック日本市場	43
 4.国・地域別販売数量及び構成比(2018年実績、2019年見込)	44
 5.メーカーシェアと事業戦略分析(2018年実績、2019年予測)	45
  1)世界市場シェア	45
  2)事業戦略	45
   (1)Novamont	45
   (2)NatureWorks	46
   (3)Total Corbion PLA	46
   (4)帝人	46
   (5)三井化学	46
   (6)ユニチカ	46
   (7)BASF	47
   (8)三菱ケミカル	48
   (9)カネカ	50
   (10)クラレ	52
   (11)ダイセル化学工業	52
   (12)東洋紡	52
   (13)クレハ	52
   (14)日本曹達	52
   (15)日本コーンスターチ	53
   (16)BioLogiQ	53
 6.用途別市場規模(2018年実績、2019年予測)	54
  1)世界市場	54
  2)日本市場	54
  3)用途別動向	55
   (1)生ごみ袋(コンポストバック)	55
   (2)レジ袋	55
   (3)農業用マルチフィルム	56
   (4)植林保護ネット	56
   (5)ストロー	56
   (6)カトラリー	57
   (7)食品トレー	57
   (8)卵パック	57
   (9)デザート容器	57
   (10)弁当容器	58
   (11)PETボトルラベル	58
   (12)剃刀の柄	58
   (13)ラップの刃	58
   (14)複合フィルムシート	58
   (15)ボディタオル	58
   (16)おむつ・衛生用品	58
   (17)コーヒーカプセル	59
   (18)ティーバッグ	59
   (19)3Dプリンタ用樹脂	59
   (20)家電	59
 7.生分解性プラスチックの種類別市場規模(2018年実績、2019年予測)	60
   ・ 世界市場	60
 8.新素材の可能性、新規開発動向	61
  1)生分解性プラスチック同士の混合	61
  2)耐熱性向上	61
  3)流動性改善	61
  4)透明性とタフネス強化	61
  5)フィルムのバリア性向上	61
  6)生分解性繊維による剛性強化	62
  7)分解性のコントロール	62
  8)高分子による高剛性縫合糸	62
 9.海洋マイクロプラスチック汚染対策に展開する上での課題	63
  1)海洋環境での分解性	63
  2)海洋分解性の評価	63
  3)ユーザーでの理解	63
  4)各国の政策の違い	64
  5)モラルの低下	64
  6)生分解性プラスチックと石油系プラスチックの混合	64
  7)生物に与える影響度が研究途上	64

【C.メーカー事例編】	65
<食品容器メーカー>	66
 【1】 旭化成パックス	66
 【2】 伊藤景パック産業	67
 【3】 エフピコ	68
 【4】 王子製紙	70
 【5】 JSP	72
 【6】 大日本印刷	73
 【7】 中央化学	75
 【8】 凸版印刷	76
 【9】 日本製紙	78
 【10】 北越コーポレーション	79
 【11】 リスパック	80
<プラスチック製袋>	81
 【12】 中興化成工業	81
<商社>	83
 【13】 HAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン	83
 【14】 日本紙パルプ商事	84
 【15】 三菱商事パッケージング	85
<化粧品容器メーカー>	86
 【16】 武内容器	86
 【17】 竹本容器	87
<パルプモウルドメーカー>	88
 【18】 日本パルプモウルド工業	88
<成型機メーカー>	90
 【19】 日精樹脂工業	90
<ストローメーカー>	91
 【20】 シバセエ業	91
 【21】 中備化工	92
 【22】 テトラパック	93
 【23】 日本ストロー	94
<食品メーカー>	95
 【24】 味の素	95
 【25】 味の素冷凍食品	97
 【26】 カゴメ	98
 【27】 日清食品	99
 【28】 ニチレイフーズ	100
 【29】 明治	101
 【30】 森永製菓	102
 【31】 モンテール	103
 【32】 ヤクルト	104
 【33】 山崎製パン	105
<飲料メーカー>	106
 【34】 アサヒ飲料	106
 【35】 アサヒビール	107
 【36】 キリンビバレッジ	108
 【37】 コカ・コーラ	109
 【38】 サントリーホールディングス	110
 【39】 ネスレ日本	111
<化粧品メーカー>	112
 【40】 資生堂	112
 【41】 花王	113
 【42】 コーセー	114
 【43】 P&G	115
 【44】 ユニリーバ	116
<外食>	117
 【45】 大戸屋ホールディングス	117
 【46】 セブン&アイ・フードシステムズ	118
 【47】 すかいらーく	119
 【48】 スターバックス	120
 【49】 デニーズ	121
 【50】 ドトールコーヒー	122
 【51】 日本ケンタッキー・フライド・チキン	123
 【52】 マクドナルド	124
 【53】 モスフードサービス	126
<ホテル>	127
 【54】 ホテルメトロポリタン仙台	127
 【55】 ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル	128
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 600,000円 648,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート