レポート紹介

触覚伝送の応用展開とR&D戦略

レポートサムネイル

遠隔地に触覚を伝達する技術「触覚伝送」の有望用途と、触覚伝送の市場性、開発動向、部材への要求特性などを分析します。

ケミカル・マテリアル

発刊日 2019/04/04

目次

総括編	1
 1.触覚伝送のロードマップ	2
 2.触覚伝送の概要	3
  1) 触覚の定義	3
  2) 皮膚感覚の概要	4
  3) 触覚伝送の定義	7
 3.触覚伝送と5Gの関連性	8
 4.触覚伝送搭載機器の市場規模推移	9
 5.触覚伝送のVRゲーム・娯楽市場分析	10
  1) VR用触覚伝送の定義	10
  2) 市場規模推移(2019年見込〜2025年予測、2030年予測)	10
  3) 触覚伝送搭載VR機器の価格	10
 6.海外の主要プラットフォーマー、IT業界の開発動向	11
  1) Google	11
  2) Apple	11
  3) Facebook	12
  4) Amazon	12
  5) Microsoft	13
  6) Intel	14
  7) HaptX	15
  7.業界構造一覧	16

触覚伝送市場編	20
 1.触覚伝送の需要予測シナリオ(2019年見込〜2025年予測、2030年予測)	21
 2.用途別市場需要予測シナリオ(2019年見込〜2025年予測、2030年予測)	22
  1) 販売数量ベース	22
  2) 販売金額ベース	23
  3) 有望用途の分析	24
 3.触覚伝送の課題整理	25
  1) 通信遅延と伝送容量	25
  2) 耐久性、実装性	25
  3) ハウリングの発生	25
 4.触覚伝送技術のメーカー/大学の開発・事業戦略一覧	26
 5.触覚伝送構成部材の分析	29
  1) 触覚センサ	29
  2) アクチュエータ	40
  3) 触覚センサ/アクチュエータのメーカー動向	46

用途市場編	50
 1.エンターテイメント分野	51
 2.医療・福祉分野	57
 3.宇宙開発分野	67
 4.建設分野	73
 5.生産・産業施設分野	82
 6.農水産分野	92
 7.旅行分野	98
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 600,000円 648,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート