レポート紹介

ガラス代替を中心とするバリアフィルムの新規需要探索調査

レポートサムネイル

「バリアフィルム」と定義されるフィルムは水や酸素の透過を防ぐことにより、食品や医薬品、医療機器の品質や安全性の確保、有機EL、太陽電池などの劣化防止や信頼性を確保するために用いられています。当該調査資料では、現在市場形成されているバリアフィルム市場の現状を把握するとともに、開発の方向性や今後の有望アプリケーション、市場の将来展望を明らかにすることを目的としています。

ケミカル・マテリアル

発刊日 2014/02/28

目次

I総括・集計編
 1調査対象バリアフィルムの概要・特徴(1)
  (1)集計
  (2)個別分野動向
 2調査対象バリアフィルムのサプライチェーン(12)
 3バリアフィルムの市場規模推移・予測(21)
 4バリアフィルムメーカーシェア(26)
 5バリアフィルムの現状課題と開発の方向性(30)
 6バリアフィルムのガラス代替の可能性、新規アプリケーション展開状況や採用条件、
   市場ポテンシャル(32)
 
IIバリアフィルムメーカー事例編
 MA−1−1 医薬品バリアフィルム/大成化工(34)
 MA−1−2 医薬品バリアフィルム/住友ベークライト(42)
 MA−2 輸液用バリアフィルム/細川洋行(49)
 MB−1−1 有機EL(照明・ディスプレイ)用バリアフィルム/東レフィルム加工(52)
 MB−1−2 有機EL(照明・ディスプレイ)用バリアフィルム/コニカミノルタ(57)
 MB−1−3 有機EL(照明・ディスプレイ)用バリアフィルム/富士フイルム(61)
 MC−1−1 住宅・非住宅用窓フィルム/リンテック(66)
 MC−1−2 住宅・非住宅用窓フィルム/三晶(72)
 MC−2 真空断熱材用バリアフィルム/クラレ(77)
 MD−3−1 窓用フィルム(自動車用)/リンテック(82)
 MD−3−2 窓用フィルム(自動車用)/住友大阪セメント(17)
 <共通調査項目>
  1)企業プロフィール
  2)バリアフィルムの商品ラインナップ
  3)バリアフィルムの販売実績と国内バリアフィルム市場規模に対する見解
  4)アプリケーション別販売実績
  5)バリアフィルムの技術課題と今後の方向性
  6)新たなアプリケーションへの展開状況・既存素材からの代替への取り組み
 
IIIバリアフィルムメーカー事例編
 UA−1 医薬品バリアフィルム/創包工学研究会(93)
 UA−2 輸液用バリアフィルム/光製薬(96)
 UB−1−1 有機EL(照明・ディスプレイ)用バリアフィルム/コニカミノルタ(100)
 UB−1−2 有機EL(照明・ディスプレイ)用バリアフィルム/住友化学(102)
 UB−2−1 太陽電池用バリアフィルム/三菱電機(105)
 UB−2−2 太陽電池用バリアフィルム/日本写真印刷(108)
 UC−1−1 住宅・非住宅用窓フィルム/セントラル硝子(111)
 UC−1−2 住宅・非住宅用窓フィルム/日本板硝子ビルディングプロダクツ(114)
 UC−2−1 真空断熱材用バリアフィルム/パナソニック(117)
 UC−2−2 真空断熱材用バリアフィルム/旭ファイバーグラス(120)
 UC−2−3 真空断熱材用バリアフィルム/大倉工業(123)
 UD−1 窓用フィルム(自動車用)/マツダ(126)
 <共通調査項目>
  1)企業プロフィール
  2)バリア対象製品の概要
  3)バリアフィルムの採用状況と評価
  4)バリア性が求められる新たなアプリケーションに対する見解とその理由
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 600,000円 648,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート