レポート紹介

フードシステムイノベーションの現状と将来展望 2015

レポートサムネイル

農業において、生産者が「生産」した青果物が消費者の元に届くまでには「選別/検査」、「保存/貯蔵」、「加工」、「包装」、「輸送」、「販売」など様々なシーンを介していますが、近年は、政府によるグローバル・フードバリューチェーン戦略や六次産業化の推進、カット野菜など流通における付加価値化などの取り組みなど、これら各シーンへの注目が高まっています。そこで、本レポートでは農業の流通・加工・販売など生産から消費に至る「フードシステム」における注目製品・技術およびビジネスモデルを徹底分析することで、新たなビジネスの可能性を展望します。

フード・フードサービス

発刊日 2015/01/16

目次

I総括編
 1フードシステムの現状と方向性(1)
 2フードシステム関連注目機器/システム市場動向(2)
  1)フードシステムにおける対象品目の位置付け(2)
  2)フードシステム関連注目機器/システム市場規模推移(3)
  3)フードシステム関連注目機器/システム市場の方向性(5)
  4)フードシステム関連注目機器/システムにおける技術開発動向(7)
 3フードシステム関連注目ビジネス動向(9)
  1)注目ビジネス事例一覧(9)
  2)フードシステムの各シーンにおける注目ビジネステーマと
    主要プレーヤーによる注目の取り組み(10)
   a)カット野菜などの青果物加工ビジネス(11)
   b)青果物コールドチェーンの海外展開ビジネス(13)
   c)TPPを見据えた青果物の海外輸出ビジネス(15)
   d)6次産業化の代表例となる直売所ビジネス(19)
   e)生産者と実需者のマッチングビジネス(21)
   f)青果物の販路拡大に向けたネット通販ビジネス(23)
   g)流通加工販売の過程で生じる残渣の利活用ビジネス(24)
   h)農協改革を見据えた農協における注目の取り組み(26)
   i)卸や仲卸など中間事業者における注目の取り組み(28)
   j)食品卸による生鮮事業強化の取り組み(30)
 4フードシステムを取り巻く注目トピックス(31)
  1)青果物の流通ルートの変化(31)
   a)市場流通と市場外流通の概要(31)
   b)流通関連統計データ(32)
  2)カット野菜業界の動向(34)
   a)カット野菜市場の概況(34)
   b)主要参入プレーヤーの動向(34)
   c)カット野菜の製造工程(35)
   d)カット野菜用青果物の調達(37)
   e)カット野菜市場における注目技術(38)
   f)今後の展望(38)
  3)青果物の輸出促進に向けた取り組み(39)
   a)農林水産物・食品の輸出実態と拡大に向けた戦略(39)
   b)青果物の輸出実態と拡大に向けた戦略(41)
 5フードシステム関連施策・予算動向(43)
 
IIフードシステム関連注目機器/システム市場編(12品目)
 1選果システム(51)
 2青果物品質評価装置(56)
 3青果物光殺菌装置(63)
 4残留農薬測定装置(67)
 5予冷装置(71)
 6高機能貯蔵システム(76)
 7野菜洗浄機(82)
 8スライサー(87)
 9鮮度保持フィルム(92)
 10野菜包装機(98)
 11流通加工管理システム(104)
 12レンタルコンテナサービス(109)
 【II調査項目】
  1製品概要/定義
  2主要製品一覧
  3市場規模推移
  4メーカーシェア
  5海外動向
  6製品改良/新規開発トレンド
  7今後の方向性
  8主要参入企業一覧
   ※一部項目に変更有
 
IIIフードシステム関連注目ビジネス編(24事例)
 1デリカフーズ(117)
 2倉敷青果荷受組合(122)
 3グリーンメッセージ(127)
 4サンライズ西条加工センター(131)
 5日本通運(136)
 6ヤマト運輸(141)
 7センコン物流(145)
 8横浜丸中青果(150)
 9まつの(155)
 10日本アクセス(160)
 11国分(165)
 12アイリスオーヤマ(169)
 13ドール(174)
 14えひめ愛フード推進機構(178)
 15福岡大同青果(183)
 16ファームドゥ(188)
 17農業総合研究所(193)
 18内子フレッシュパークからり(198)
 19JA全農いばらき(202)
 20エムスクエア・ラボ(207)
 21オイシックス(211)
 22大和コンピューター(216)
 23九州物流構築協議会(220)
 24トワード(224)
 【III調査項目】
  1企業・団体プロフィール
  2ビジネスの背景/経緯
  3ビジネスの概要
  4イノベーションのポイント 
  5市場規模推移
  6現状の課題と今後の方向性

関連情報

国内の農業加工・流通・販売関連機器/システムを調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 120,000円 129,600円

在庫なし

PDF版 120,000円 129,600円
書籍版・PDF版セット 140,000円 151,200円
ネットワークパッケージ版 240,000円 259,200円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート