レポート紹介

OT-I(o)T融合実態と市場展望調査

レポートサムネイル

OTをリアルタイム性、重要性により定義付けしました。ベンダー調査の積上げによる市場調査とユーザーヒアリング結果よりOT分野に於けるIT及びIoTの活用・融合実態と展望を明確化しました。

産業機器・制御機器 / 電子機器・電子部品

発刊日 2016/03/18

目次

A.総括編			
 1.調査対象業種に於けるOT-I(o)T市場実態と展望   (1)	
 2.当該調査における業種別OT市場、IT市場の対象製品   (2)		
  業種別OTの実態とIT活用状況   (3)	
 3.調査対象業種におけるOT-I(o)T市場規模推移・予測(2014年〜2020年予測) (3)		
 4.OT-I(o)T融合展望   (5)
  1)業種別OT-IT融合実態とIoT活用展望   (5)		
  2)業種別IT融合・IoT活用実態   (6)		
  3)業種別IoT活用実態・OTとの融合展望   (7)
   a)業種別IoTの活用実態(融合実態編事例より)   (7)
   b)業種別IoTの活用展望(融合実態編事例より)   (8)
  4)OT-I(O)T融合における課題と方向性   (9)
 5.OT-I(o)T融合技術展望   (10)
  1)OT分野にて要求されるIoT技術   (10)
   a)センシング対象とセンサ種類   (10)
   b)ネットワーク接続懸念とセキュリティ対策   (11)
   c)エッジ・クラウド処理に対する見解   (12)
   d)リアルタイム性が要求される領域と要求スペック   (13)
   e)ヒト業務等非線形情報に対応するアナリティクス   (14)		
 6.OTベンダのIT、IoT活用見解   (15)
 7.ITベンダのIoT活用見解   (16)			
			
B.市場編			
 1.製造業市場(FA)   (17)		
 2.プラントシステム   (37)			
 3.医療   (56)
 4.交通   (73)
 5.公共サービス(エネルギーインフラ)  (92) 
 6.物流   (110)

C.業界別融合実態編		
 <プラント/5社>   (130)	
 <公共(エネルギーインフラ)/3社>   (202)	
 <交通/2社>   (220)
 <医療/2社>   (233)	
 <F物流/1社>   (245)
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 800,000円 864,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート