レポート紹介

「需要家側 分散型電源・省エネ制御」を活用するエネルギービジネスの事業化及び市場展望

レポートサムネイル

グリッドコンセプトは「大規模集中型電源による需要地配電型」から「分散型電源による需要地消費型」への方向性があり、本調査では地域内エネルギー融通によるエネルギービジネスの形態や可能性などを探索します。また、地域エネルギービジネスでは、電力貯蔵やコージェネ、BEMSなどの必要性が高まると想定され、それら設備の市場性も展望します。

エネルギー / 環境・社会・インフラ

発刊日 2016/08/31

目次

市場分析・ビジネスモデル分析編   (1)
 1.バーチャルパワープラント市場の将来展望   (2)   
 2.アグリゲーション類型及び利用目的と適性   (3)
 3.VPPの2大ターゲット「インバランス対策&アンシラリーサービス」の潜在市場規模   (4)
 4.VPPバリューチェーン及びアグリゲーター種別整理   (5)
 5.アグリゲーターの担い手候補   (6)
 6.担い手候補別適性分析及び参入シナリオ予測   (7)
 7.バーチャルパワープラントが提供する価値
  (収入・コスト低減・サービス改善・社会性・安全性)  (8)
 8.アグリゲーターのビジネス拡張(収入の多様化)   (9)
 9.サポートサービス一覧   (10)
 10.「節電アグリゲーター」のビジネスモデルと潜在市場規模)   (11)
 11.「電源アグリゲーター」のビジネスモデルと潜在市場規模   (17)
 12.「蓄電アグリゲーター」のビジネスモデルと潜在市場規模   (28)
 13.エネルギービジネスを支援するファイナンス手法  (41)
 14.電気料金と再エネ賦課金の動向   (44)

関連事業者分析編   (45)
 エナリス(節電/蓄電アグリゲーターの先駆者。先進事例を考察)   (46)
 グローバルエンジニアリング(電源アグリゲータービジネスを考察)   (71)
 楽天(デマンドレスポンス×楽天経済圏)   (81)
 エネルギー需要開発有限責任事業組合(LPガス事業者を集束)   (87)
 クレアールエナジー(LPガス事業者と楽天の合弁会社)   (92)
 ウエストホールディングス(地域事業「日本版シュタットベルケ」を展開)   (95)
 アズビル(BA/BEMS× デマンドレスポンス)   (99)
 ジョンソンコントロールズ(BA/BEMS×デマンドレスポンス)   (102)
 日建設計(建築設計からVPPを考察)   (105)
 日本アイ・ビー・エム(ITベンダからのVPPアプローチとVPP市場見解)  (110)
 三菱UFJリース(VPP課題×ファイナンスソリューション)   (113)
 三井住友ファイナンス&リース(VPP課題×ファイナンスソリューション)   (119)


(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 800,000円 864,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート