レポート紹介

高性能化進む汚泥脱水機の市場構造分析と開発の方向性に関する調査

レポートサムネイル

地球温暖化問題に対する省電力による低動力化、並びに従来では処理の難しいとされていた難脱水性汚泥に対する低含水率化等の開発競争が進んでおり、さらなる低コスト化、省エネルギー化、資源の有効利用、地球温暖化対策、低炭素化社会の実現を目指した新型脱水機が登場してきています。今回はこれまでの需要領域別、容量別の分析だけではなく、余剰汚泥、混合生汚泥、消化汚泥、無機汚泥といった汚泥種別の分析を加えることによって現状の開発トレンドと今後の方向性をより明らかにしています。

環境・社会・インフラ

発刊日 2016/12/27

目次

総合分析編
 1.汚泥脱水機市場の市場構造分析の全体俯     (1)
  1)脱水機市場全体俯     (1)
  2)各脱水機の販売構造分析     (2)
 2.参入メーカー別取扱い品目一覧     (2)
 3.総市場規模推移(2013〜2016年度見込み)     (6)
  1)品目(機種)別市場規模推移     (6)
  2)国内販売/海外販売別市場規模推移     (8)
  3)需要領域別市場規模推移     (22)
  4)容量別市場規模推移     (25)
 4.単体売り・システム売り別市場構成     (27)
 5.汚泥種別市場構成     (28)
 6.メーカーシェア     (29)
  1)品目別     (29)
  2)需要領域別     (31)
 7.販売(OEM含む)提携/技術提携状況及び脱水機メーカーと薬品メーカーの提携相関図   (34)
  1)脱水機市場全体俯     (34)
  2)各脱水機の販売構造分析     (35)
 8.汚泥脱水機の市場規模予測と今後の市場展開の方向性     (36)
  1)官公庁・関連団体動向     (36)
  2)品目・汚泥種別の競合対策     (39)
  3)品目別・汚泥種別の市場ニーズと開発の方向性  (39)
  4)新型脱水機の方向性     (40)
  5)海外技術動向、海外技術の導入動向     (40)
 9.汚泥脱水機の市場規模予測と今後の市場展開の方向性     (41)
  1)品目(機種)別市場規模推移     (41)
  2)国内販売/海外販売別市場規模推移  (43)

個別品目編
 1.ベルトプレス     (62)
 2.フィルタープレス     (84)
 3.遠心脱水機     (107)
 4.ロータリープレス     (130)
 5.真空脱水機     (151)
 6.スクリュープレス     (172)
 7.多重円板型脱水機     (184)
 8.多重円板型スクリュープレス     (215)

 調査共通項目
 1.市場概要
 2.参入メーカー/主要製品ラインナップリスト
 3.当該機器の特長/システム構成
 4.市場規模推移(2013〜2016年度見込み)
  1)国内販売/海外販売(中国/東南アジア/北米/欧州等)別市場規模推移
  2)需要領域別市場規模推移(工場プロセス用含む)
  3)容量別市場規模推移(2立方m/未満追加)
 5.単体売り・システム売り別市場構成
 6.汚泥種別市場構成
 7.メーカーシェア
 8.価格動向
  1)単体価格
  2)システム価格
 9.販売(OEM含む)提携/技術提携状況及び脱水機メーカーと薬品メーカーとの提携相関図
 10.メーカー別薬剤コスト
 11.当該機器の開発動向
  1)市場ニーズと汚泥種別の開発の方向性
  2)当該機器の問題点・課題
  3)海外技術の導入動向
 12.市場規模予測(2016〜2020年度予測)
  1)国内販売/海外販売別市場規模予測
  2)需要領域別市場規模予測
  3)容量別市場規模予測
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 800,000円 864,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート