レポート紹介

太陽光発電ストック市場におけるO&Mサービスのニーズ探索調査

レポートサムネイル

2017年4月の改正FIT法施行により、認定を受けた太陽光発電は既設・新設を問わず、適切な保守点検・維持管理(O&M)が必須になりました。自然災害や野生生物への備え、設備故障・不具合への早急な対応、周辺環境への配慮が求められる中、損失回避の手段として、太陽光発電O&M市場の活性化が見込まれます。当レポートは太陽光発電ストック(既設)向けO&Mサービスに焦点を当て、重要家ニーズを模索すると共に、参入企業の動向や市場性を示します。

エネルギー

発刊日 2017/04/28

目次

I.総括編
 1.国内太陽光発電市場の基礎情報 (1)
 2.改正FIT法のまとめ (2)
 3.地域別累計導入量推移(件数・出力ベース) (5)
 4.太陽光発電事業者(オーナー)の集計・分析
  1)回答件数と回答者の特性(業種別、出力規模別、設置形態別 等) (8)
  2)EPC会社とO&M会社 (12)
  3)太陽光発電システムの各プレイヤーの認知度 (19)
  4)O&Mサービスの導入状況と導入傾向 (22)
  5)過去のトラブル事例と今後の懸念材料 (24)
 5.O&M事業者(ベンダー)10社の事業特徴整理 (28)

II.太陽光発電事業者(オーナー)事例編	98社

III.太陽光発電O&M事業者(ベンダー)事例編	10社
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 900,000円 972,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート