レポート紹介

汚泥減量化/可溶化技術・装置市場の最新動向と市場ニーズの方向性

レポートサムネイル

近年のFITブームにより、消化ガス発電事業が注目される中、メタンガス収率向上目的技術として再脚光を浴びる汚泥減量化/可溶化技術。主要8方式の処理方式別の特長、市場規模、需要分野、導入目的別の各市場構成を明らかにし、当該市場の最新動向と今後の方向性を明らかにします。

環境・社会・インフラ

発刊日 2017/07/19

目次

I.総括・全体市場  (1)
 1.汚泥減量化/可溶化技術の開発ターゲット(当初、現状/今後)  (2)
 2.処理方式別参入企業・関連団体一覧  (3)
 3.汚泥減量化/可溶化技術・装置における各処理方式のポジショニング
  1)各方式比較  (6)
  2)累計実績  (7)
 4.汚泥減量化/可溶化技術・装置の全体市場規模推移
   (2014年〜2016年、2017年見込)
  1)処理方式別(オゾン/薬剤/超音波/水熱反応/電気分解
    /物理的破壊/好熱菌/生物処理(食物連鎖・担体)  (8)
  2)需要分野別(下水汚泥/農業集落排水汚泥/浄化槽汚泥
    /工場排水汚泥(食品・化学・医薬・電機・他)  (9)
  3)導入目的ニーズ別
   (余剰汚泥削減/消化ガス発生促進/リン回収/その他)  (10)
 5.メーカー別シェア
  1)累計実績(全方式合計、販売)  (11)
  2)累計実績(処理方式別、販売)  (12)
 6.研究開発・技術動向  (13)
 7.将来市場予測
  1)全体市場規模予測/方式別市場規模予測
   (2017年見込、2018年〜2020年予測)  (14)
  2)注目需要分野/導入目的ニーズからみた市場ニーズの方向性  (17)
  3)汚泥減量化/可溶化技術・装置における市場拡大要因と阻害要因  (19)

II.処理方式(技術)別市場編  (21)
 1.オゾン方式  (22)
 2.薬剤方式  (39)
 3.超音波方式  (53)
 4.水熱反応方式  (64)
 5.電気分解方式  (79)
 6.物理的破壊方式  (86)
 7.好熱菌方式  (101)
 8.生物処理方式(食物連鎖)  (111)
 9.生物処理方式(担体)  (125)
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 800,000円 864,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート