レポート紹介

飲料メーカーの地域別オペレーション戦略に関する調査 2017

レポートサムネイル

既存ロケ先の争奪戦の激化、販売価格の下落による利益率の低下、CVSとの競合など自販機ビジネスの事業環境は年々悪化しており、中小オペレーターが減少し、大手オペレーターへの集約化が進んでいます。当調査では、清涼飲料自動販売機のエリア別・メーカー別稼動状況、電子マネー対応自販機・スマホ対応自販機の普及状況などを調査・分析しております。

フード・フードサービス

発刊日 2017/08/31

目次

1.飲料メーカー・オペレーター業界を取り巻く環境変化と方向性
 1)自販機市場環境の現状  (1)
 2)主要飲料メーカー各社の対応  (1)
 3)主要オペレーターの状況と対応策  (1)
2.飲料メーカー各社の売上高・ベンダー稼動台数
 1)缶ベンダーのメーカー別稼動台数  (2)
 2)メーカー別飲料売上高  (4)
 3)パーマシン比較  (5)
 4)自社機パーマシン  (6)
3.缶ベンダーのブロック別(県別)・メーカー別稼動台数  (7)
4.缶ベンダーのブロック別(県別)インドア・アウトドア別稼働台数比率  (101)
5.電子マネー対応自販機取扱い状況  (117)
6.環境対応自販機取扱い状況  (122)
7.省エネ型自販機取扱い状況  (128)
8.ディスカウント自販機取扱い状況  (135)
9.スマホ対応自販機取扱い状況  (141)
10.寄付型自販機取扱い状況  (143)
11.カップベンダーのブロック別/県別・メーカー別稼動台数  (147)
12.主要オペレーター都道府県別稼動台数  (197)
13.ブロック別・メーカー別・チャネル別売上高  (200)
14.主要オペレーター展開状況
 1)全国オペレーターランキング  (212)
 2)独立・系列オペレーターの展開動向  (213)
 3)オペレーターのブロック別展開動向  (214)
15.主要飲料メーカー・オペレーターの地域政策・チャネル政策・ベンダー戦略(215)
16.ブロック別・メーカー別ベンダー展開状況の分析と今後の方向性
 1)ブロック別メーカー別パーマシン比較  (217)
 2)今後の方向性  (218)
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 900,000円 972,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート