レポート紹介

水ビジネスに挑む世界のEPC・O&M企業の事業実態調査 アジア編

レポートサムネイル

中国、インド、東南アジア等アジアの水処理装置・プラントメーカー、エンジニアリング会社、水処理サービス会社の企業事例を取り上げています。

環境・社会・インフラ / 建築・住宅

発刊日 2017/11/30

目次

総括編
 1.世界における水資源を取り巻く現状  (1)
 2.国別にみた水事情、水処理関連法規制、施策動向  (3)
 3.主要水処理EPC企業の素材・部材の調達先一覧  (5)
 4.主要水処理サプライヤーの注力エリア、注力サイト、主要顧客一覧  (9)
 5.主要水処理素材メーカーの売上及び事業展開動向  (10)
 6.アライアンス、M&A動向  (13)
 7.主要地域における水処理有望エリア及び有望用途について  (15)
 8.素材ビジネス及びEPC/O&Mサービス別にみたビジネスポイント  (16)

企業事例編
 アジア編
  中国、香港(20社) 
  韓国(4社)
  インドネシア(8社)
  シンガポール(5社)
  タイ(17社)
  フィリピン(4社)
  ベトナム(8社)
  マレーシア(21社)
  インド(30社)
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 700,000円 756,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート