レポート紹介

xEV用リチウムイオン二次電池リサイクル・リユースに関する調査

レポートサムネイル

2020年以降xEVの廃車は大幅に増加します。xEVには今までの自動車リサイクルのスキームの中にないリチウムイオン二次電池が搭載されています。これに関連して自動車工業会ではLIBの共同回収スキーム構築・運用を目指しています。こういった社会的背景をもとに、主要なリサイクル事業者13社とリユース企業2社、リユース電池の想定される向け先の業界、自動車メーカー3社、電池メーカー3社にヒアリングを実施しリサイクル・リユース市場の実態を解明しました。

環境・社会・インフラ / ケミカル・マテリアル

発刊日 2018/03/20

目次

A.総括編  (1)
 1.調査結果からのご関係者様へのご提案  (2)
 2.動脈・静脈フロー俯瞰図  (4)
 3..LIBセルの組成  (5)
 4.車載用LIBにおける材料使用量推定
  1)日産自動車「LEAF」40kWh  (6)
  2)Tesla「Model3」  (7)
  3)主要EV車種別 概算電池材料市場規模  (7)
 5.車載用LIBにおけるモジュール/パックの容量、セル数、重量  (8)
 6.xEV普及見通し(国内)  (9)
 7.廃車(ELV)・容量保証による交換電池パック発生数量予測(国内)
  1)廃車(ELV)発生予測(国内)
   (1)台数ベース  (10)
   (2)モジュールベース  (10)
  2)容量保証による交換パック数予測(国内)
   (1)台数ベース  (11)
   (2)モジュールベース  (11)
 8.スクラップ・使用済み製品処理量推移(国内)
  1)廃車由来、容量保証由来廃電池の発生数量推移-モジュール換算  (11)
  2)リユース向け廃電池市場  (12)
  3)リユースされない廃電池モジュール(モジュール数量、重量換算)  (12)
 9.リユース品・リサイクル品の想定仕向け先動向
  1)リサイクル品  (13)
  2)リユース品  (15)
 10.代表的なリサイクルフローについて  (16)
 11.リサイクルのための装置・機器、処理技術について
  1)リサイクル
   (1)装置・機器について  (18)
   (2)処理技術について  (19)
  2)リユース
   (1)リユースフロー  (21)
   (2)劣化診断技術概要  (21)
   (3)劣化診断技術比較と導入状況  (22)
   (4)劣化診断装置/充放電装置メーカー一覧  (23)
   (5)BMSについて  (24)
   (6)PCSについて  (24)
 12.主要自動車メーカーの見解
  1)ELV由来電池の回収実績  (25)
  2)主要自動車メーカーのxEVの中長期目標  (25)
  3)リサイクル・リユース関連組織  (28)
  4)回収・処理スキーム  (29)
  5)電池パック取り外し手数料  (29)
  6)リユースについて  (30)
  7)資源セキュリティの観点からリサイクル・リユースについて  (30)
  8)企業の社会的責任の観点からリサイクル・リユースについて  (30)
  9)その他  (31)
 13.主要電池メーカーの見解
  1)リサイクル・リユース関連組織  (32)
  2)回収・処理スキーム  (32)
  3)リユースについて  (33)
  4)資源セキュリティの観点からリサイクル・リユースについて  (33)
  5)企業の社会的責任の観点からリサイクル・リユースについて  (33)
  6)その他  (33)
 14.工業会や国の取り組み
  1)主な省庁の関係部署  (34)
  2)上記部署における廃LIBに関する見解  (34)
  3)自動車リサイクル法について  (34)
  4)使用済み自動車の処理の流れ  (35)
  5)工業会・業界団体  (36)
 15.海外の事例
  1)米国
   (1)xEV用LIBの処理に関する制度  (37)
   (2)xEV用LIBのリサイクル・リユースの取り組み  (37)
   (3)xEV用LIBリサイクル主要関連団体・事業者  (37)
  2)欧州
   (1)xEV用LIBの処理に関する制度  (38)
   (2)xEV用LIBのリサイクル・リユースの取り組み  (38)
   (3)xEV用LIBリサイクル主要関連団体・事業者  (38)
  3)中国
   (1)xEVおよび電池リサイクルに関する政策  (39)
   (2)「新能源汽車動力蓄電池回収利用管理」の要約  (40)
   (3)xEV用LIBリサイクル主要事業者  (41)
 16.静脈物流について
  1)運搬時の安全対策  (42)
  2)運送会社について  (42)
  3)消防法によるリチウムイオン二次電池の危険物としての取り扱いについて  (42)
 17.全固体型リチウム二次電池のリサイクルについて  (43)
 18.その他xEV部品のリサイクル/リユース/処理の概要
 19.各種統計資料
  1)自動車(四輪車)保有台数  (45)
  2)EV等保有台数  (45)
  3)新車登録台数  (45)
  4)廃車台数(中古車輸出換算せず)  (45)
  5)中古輸出車  (45)
  6)ELV+中古輸出車の台数  (45)
B.リチウムイオン二次電池 リサイクル・リユース市場  (46)
 1.国内スクラップ・使用済み製品処理量(2016年〜2020年、2025年)
   (発生源別内訳)  (47)
 2.スクラップ・使用済み製品のうち、リユース/マテリアルリサイクル
   /ダスト(廃棄物)内訳  (48)
 3.リユース品の主要向け先  (50)
 4.マテリアルリサイクルの方式別内訳  (51)
 5.マテリアルリサイクルの主要向け先
  (化成品、特殊鋼・鉄鋼、電池、磁石ほか)  (52)
 6.主要金属価格推移  (55)
C.リユース・リサイクル向け先  (56)
 1.定置型蓄電池  (57)
 2.フォークリフト  (62)
 3.無人搬送車(AGV)  (66)
 4.ゴルフカート  (70)
 5.電動車いす・シニアカー  (74)
 6.リチウムイオン二次電池正極活物質  (78)
 7.特殊鋼  (82)
D.企業事例 (84)
 1.共英製鋼 (85)
 2.シンコーフレックス(リサイクル事業) (94)
 3.住友金属鉱山 (100)
 4.太平洋セメント (106)
 5.ティーエムシー (115)
 6.日本重化学工業 (121)
 7.日本リサイクルセンター (128)
 8.野村興産 (133)
 9.三菱マテリアル (139)
 10.DOWAエコシステム (148)
 11.JX金属 (158)
 12.Umicore (166)
 13.VOLTA (172)
 14.シンコーフレックス(リユース事業) (177)
 15.フォーアールエナジー (181)
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 600,000円 648,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート