レポート紹介

地域医療提供体制の再編に伴う医薬品の採用・使用状況の変化予測と製薬企業に対するニーズ確認調査

レポートサムネイル

地域医療連携の推進状況、地域包括ケアシステムの構築状況を先進30事例を踏まえて分析し将来像を予測したレポートです。行政、医師会、連携推進法人が抱える現状の課題や民間企業に対する要望についてもまとめています。

医薬品・メディカル

発刊日 2018/03/29

目次

I.総括編
 I-1.調査対象法人・自治体一覧  (1)
 I-2.調査対象法人・自治体概況  (2)
 I-3.地域医療連携推進法人の現状の取り組み状況と今後の展開  (3)
 I-4.地域医療連携推進法人の新規設立の動向  (12)
 I-5.地域包括ケアシステム構築主体と関与組織  (13)
 I-6.施設間での情報共有化状況と活用状況  (15)
 I-7.現状の地域包括ケアシステム構築に向けた具体的な取り組み  (18)
 I-8.医療関連テーマ別の取り組み状況・取り組み主体  (20)
 I-9.地域医療連携・地域包括ケアシステム構築を推進するに当たっての課題  (49)
 I-10.今後の医薬品の採用フローの変化予測
     /一括購入の可能性/フォーミュラリ作成の可能性  (51)
 I-11.製薬企業との連携状況及び訪問状況  (52)
 I-12.民間企業が参加可能な会議・ワーキンググループ  (54)
 I-13.製薬企業に対する要望  (55)
 I-14.製薬企業別地域医療連携関連の取り組み・協定一覧  (56)

II.個別事例編
 II-A.地域医療連携推進法人(5ヶ所)
 II-B.地域包括ケアシステム(市区町村) (25自治体)
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 900,000円 972,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート