レポート紹介

セキュリティ機器の主要販売チャネル別市場と有力販売事業者の実態調査 2018

レポートサムネイル

セキュリティ関連市場では、画像解析技術、生態認証技術、クラウド、IoT、AIなどの技術導入により、提供されるシステム/サービスの内容に変化が見られています。監視カメラや入退管理システムなどのセキュリティ機器を扱う中小の販売事業者においても、高度なシステムのソリューション販売が求められています。本レポートでは、販売チャネル別に主要な販売業者100社を抽出し、各社の事業内容や実績、販売提案方法の実態、求められる製品や技術を明らかにします。

環境・社会・インフラ / 建築・住宅

発刊日 2018/06/29

目次

I.総括・分析編
 1.主要販売チャネル別市場規模推移と予測
  (2016年実績〜2025年予測)  (1)
  1)監視カメラシステム市場  (1)
  2)アクセスコントロール機器市場  (2)
 2.販売チャネル別セキュリティ機器の販売動向  (3)
  1)取り扱い製品の傾向  (3)
  2)販売手法・提案方法の実態  (3)
  3)採用製品・システム傾向  (4)
  4)海外製品の採用状況  (5)
 3.ソリューション提案の実態と可能性  (6)
  1)画像解析、IoT、AI等を活用したソリューション販売の
    実態と可能性  (6)
  2)他のセキュリティ機器/システムとの連携・組み合わせ
    販売の実態  (7)
  3)セキュリティ用途以外のシステム・サービスとの融合  (8)
  4)販売事業者における製品・技術・システムに対するニーズ  (9)
  5)外部委託の現状と今後の委託可能性  (9)
 4.セキュリティ機器/システム販売における課題、方向性  (10)

II.有力販売事業者編 (10事業者)  (11)

III.販売チャネル別有力事業者リスト編(90社回答収録)  (59)
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 500,000円 540,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート