レポート紹介

血液がんの最新治療動向と新薬開発の方向性2018

レポートサムネイル

血液がん治療の国内のKOLを対象としたドクターリサーチです。白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群の4疾患を対象として、新薬を含む既存薬の薬剤選択フローと各薬剤の評価をまとめています。また、開発薬を含む今後の薬剤選択の変化について予測しています。

医薬品・メディカル

発刊日 2018/08/30

目次

I.集計・総括編
1.白血病に関する設問
 1-1.担当白血病患者総数/直近3年間での患者数の増減率
   /疾患種類別患者割合/再発・初回治療抵抗性患者割合
   /若年者の割合/疾患種類別患者の増減傾向  1
 1-2.慢性リンパ性(CLL)患者における薬物療法適応割合
   /急性骨髄性(AML)における造血幹細胞移植の
   実施割合  7
 1-3.疾患別の初発時の1stと2nd(無効例/抵抗性)・再発時
   及び地固め療法の薬剤レジメン/1stの薬剤レジメンの
   寛解導入率/既存薬の有効性に対する満足度/既存薬の
   問題点・未充足点  9
 1-4.各薬剤の疾患別の使用割合と使用対象・ポジショニング
   /有効性に対する満足度/今後の使用意向/各薬剤の問題点 23
 1-5.疾患種類別での各項目の薬剤選択に与える影響度(上位3項目) 38
 1-6.開発中の薬剤の評価・印象/上市後の使用意向/現時点で
   想定される使用対象・ポジショニング/ピーク時の使用割合予測
   /想定される使用形態/使用数に影響を与える薬剤  41
 1-7.CAR-T療法及び免疫チェックポイント阻害剤の普及の可能性と
   理由/使用対象  48
 1-8.将来的(中期的:約5年後)に中心となる疾患別の初発時の
   1stと2nd(無効例/抵抗性)・再発時及び地固め療法の薬剤レジメン 50
 1-9.新薬開発の必要性が高い疾患・タイプ/今後の新薬開発に対する要望 61

2.悪性リンパ腫に関する設問
 2-1.担当悪性リンパ腫患者総数/直近3年間での患者数の増減率/
   疾患種類別患者割合/再発・初回治療抵抗性患者割合/若年者の
   割合/疾患種類別患者の増減傾向 63
 2-2.疾患別の初発時の1stと2nd(無効例/抵抗性)・再発時の
   薬剤レジメン/1stの薬剤レジメンの寛解導入率/既存薬の
   有効性に対する満足度/既存薬の問題点・未充足点  69
 2-3.新規薬剤(2016年以降上市)の使用対象・ポジショニング
   /評価(有効性・問題点)/今後の使用意向  80
 2-4.開発中の薬剤の評価・印象/上市後の使用意向/現時点で
   想定される使用対象・ポジショニング/ピーク時の使用割合予測
   /想定される使用形態/使用数に影響を与える薬剤  85
 2-5.CAR-T療法及び免疫チェックポイント阻害剤の普及の
   可能性と理由/使用対象  92
 2-6.中枢神経原発(PCNSL)における初発時と再発時の化学療法後
   の地固めとしての自家造血細胞移植の実施意向  94
 2-7.将来的(中期的:約5年後)に中心となる疾患別の
   初発時の1stと2nd(無効例/抵抗性)・再発時の薬剤レジメン 95
 2-8.新薬開発の必要性が高い疾患・タイプ/今後の新薬開発に対する要望 103

3.多発性骨髄腫(MM)に関する設問
 3-1.担当多発性骨髄腫患者総数/直近3年間での患者数の増減率
   /再発・初回治療抵抗性患者割合/若年者の割合 104
 3-2.移植適応の有無別の初発時の1stと2nd(無効例/抵抗性)・再発時
   の薬剤レジメン/1stの薬剤レジメンのレスポンダー割合/既存薬の
   有効性に対する満足度/既存薬の問題点・未充足点 106
 3-3.新規薬剤(2016年以降上市)の使用対象・ポジショニング/
   評価/今後の使用意向  111
 3-4.開発中の薬剤の評価・印象/上市後の使用意向/現時点で想定
   される使用対象・ポジショニング/ピーク時の使用割合予測/想定
   される使用形態/使用数に影響を与える薬剤  116
 3-5.将来的(中期的:約5年後)に中心となる移植適応の有無別の
   初発時の1stと2nd(無効例/抵抗性)・再発時の薬剤レジメン 120
 3-6.新薬開発の必要性が高い疾患・タイプ/今後の新薬開発に対する要望 124

4.骨髄異形成症候群(MDS)に関する設問
 4-1.担当骨髄異形成症候群患者総数/直近3年間での患者数の増減率
   /再発・初回治療抵抗性患者割合/若年者の割合/病型別患者割合
   /IPSSによるリスク群別患者割合  125
 4-2.リスク分類別の薬物療法の適応割合と支持療法の適応割合/
   輸血依存患者(月2単位以上、3ヵ月以上継続)の割合/初発
   治療後と再発治療後の造血幹細胞移植の実施割合  131
 4-3.リスク分類別の初発時の1stと2nd(無効例/抵抗性)
   の薬剤レジメン/1stの薬剤レジメンのレスポンダー
   割合/既存薬の有効性に対する満足度/既存薬の問題点・未充足点 134
 4-4.開発中の薬剤の評価・印象/上市後の使用意向/現時点で
   想定される使用対象・ポジショニング/ピーク時の使用割合予測
   /想定される使用形態/使用数に影響を与える薬剤  139
 4-5.将来的(中期的:約5年後)に中心となるリスク分類別の初発時
   の1stと2nd(無効例/抵抗性)・再発時の薬剤レジメン  141
 4-6.新薬開発の必要性が高い疾患・タイプ/今後の新薬開発
   に対する要望  144

II.個別施設事例編(20施設)145〜386

III.調査票
 調査票  387
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 1,000,000円 1,080,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート