• ケミカル・マテリアル

低誘電樹脂の高周波・5G/高速伝送化に伴う用途展開と将来展望

低誘電樹脂の高周波・5G/高速伝送化に伴う用途展開と将来展望
発刊日2019/11/05 111904744

「ミリ波帯5G化」や「5G化に伴う50Gbps超高速伝送化」に伴い今後必須となる低誘電樹脂(フッ素樹脂、LCP、M-PI、PPE、エポキシ樹脂など)の動向と、低誘電樹脂の注目用途(77/79GHz車載ミリ波レーダー基板、ミリ波-5G基地局用アンテナ基板、5Gスマホ内FPC、5Gアンテナ基板、超高速サーバー用基板)を分析します。さらに低誘電樹脂配合剤も取り上げます。

目次

A.総括編 
 1.低誘電樹脂の市場概況	2
 2.5Gのエリアイメージ	2
 3.低誘電樹脂の種類別現状(2018年・2019年)・将来(2020年・2025年・2030年)の
   市場比較(世界、数量・金額)	3
  1) 全体(低誘電樹脂9品目)	3
  2) RPCB用低誘電樹脂(4品目)	5
  3) FPC用低誘電樹脂(4品目)	7
 4.低誘電樹脂の分野・用途一覧	9
  1) RPCB用低誘電樹脂(4品目)	9
  2) FPC用低誘電樹脂(4品目)	11
 5.低誘電樹脂の将来有望用途とその背景および普及ロードマップ	13
  1) 5Gスマホ	13
  2) 超高速サーバ	14
  3) ミリ波-5G基地局	15
  4) 77/79GHz車載ミリ波レーダ	16
 6.低誘電基板の変更点(通常・既存基板と対比して)	17
  1) スマホメイン基板	17
  2) ミリ波5Gアンテナ伝送線	17
  3) 基地局用アンテナ基板(マクロセル) 	17
 7.低誘電樹脂の特性比較とブレークスルーする上でクリアすべき技術的課題・問題点	18
  1) 低誘電樹脂の特性比較	18
  2) 低誘電樹脂がブレークスルーする上でクリアすべき技術的課題・問題点	20
 8.低誘電樹脂を事業展開する上での留意事項	21

B.低誘電樹脂市場編(9品目)
 B-1.フッ素樹脂(PTFE)	23
 B-2.PPE/熱硬化性樹脂	29
 B-3.低誘電エポキシ系樹脂	37
 B-4.マレイミド系樹脂	44
 B-5.LCP(フィルム用)	49
 B-6.M-PI(モディファイドPI)	58
 B-7.COP(シクロオレフィンポリマー)	66
 B-8.PPS(ポリフェニレンサルファイド)	70
 B-9.低誘電LCP(射出成形用)	74

C.注目用途編(6品目)
 C-1.5Gスマホ用メイン基板	80
 C-2.モバイル端末用低誘電FPC	86
 C-3.超高速サーバ用基板	93
 C-4.ミリ波-5G基地局用アンテナ基板	98
 C-5.77/79GHz車載ミリ波レーダ用アンテナ基板	104
 C-6.ミリ波-5G用AiP基板(アンテナ・イン・パッケージ基板)	111

D.低誘電樹脂配合剤編
 D-1.硬化剤・架橋剤	117
 D-2.フッ素添加剤	120
 D-3.ガラスクロス	121
 D-4.その他	122
 D-5.参考情報	123
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 600,000円 660,000円 -
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。