レポート紹介

2016 医療用医薬品データブック No.4

レポートサムネイル
購入検討サービス

2016年〜2017年にかけて7分冊で構成( 2016年ではNo.1、No.2、No.3、No.4の発刊)されます。医療用医薬品を薬効別に分類し、市場動向などを調査分析した資料であり、医療用医薬品市場の殆どをカバーするレポートとなります。マーケット動向のほか、企業シェア、各種疫学データ、ガイドライン・エビデンスの動向等多くの要因を考慮し詳細な疾患区分に基づいた市場分析・予測、患者数推計・予測を行っています。また、2016年版より、当該領域の専門医へのヒアリングと非薬物動向の項目を追加し、より疾患ベースで医薬品市場を総合的に捉えることが可能な資料となっています。No.4では産婦人科領域、ヒト成長ホルモン、感染症領域、予防衣料、甲状腺機能亢進症治療剤、体内診断薬、血液疾患領域を対象としています。

医薬品・メディカル

発刊日 2017/02/22

目次

対象領域の市場規模推移	1
 1.市場規模推移	3
 2.分類別市場規模	5
 3.薬効領域別メーカーシェア(2015年実績)	11
 4.メーカーブランドシェア(2015年実績)	12
 5.今後の市場予測	15
 6.患者数の動向	17

1.産婦人科領域	19
 1)子宮筋腫・子宮内膜症治療剤	28
 2)経口避妊薬(緊急避妊薬含む)	39
 3)切迫早産治療剤・陣痛促進剤	48
 4)更年期障害治療剤・月経障害治療剤	59
 5)不妊治療剤	74
2.ヒト成長ホルモン剤	91
3.感染症領域	107
 1)抗生物質	116
 2)HIV治療剤	143
 3)インフルエンザウイルス治療剤	161
 4)抗ヘルペスウイルス剤、抗RSウイルス剤	169
 5)抗真菌剤	179
 6)肝炎治療剤	192
4.予防医療・ワクチン製剤	215
5.甲状腺機能障害治療剤	245
6.体内診断薬	257
7.血液疾患領域	277
 1)鉄剤	286
 2)血友病治療剤	296
 3)その他の血液製剤・止血剤	311
 4)播種性血管内凝固症候群治療剤	326
 5)発作性夜間ヘモグロビン尿症治療剤	336
 6)特発性血小板減少性紫斑病治療剤	342

関連情報

医療用医薬品 国内市場調査(4) 血液疾患領域、予防医療・ワクチン製剤などを調査

医療用医薬品 国内市場調査(3) 整形外科領域、アレルギー疾患治療剤などを調査

医療用医薬品 国内市場調査(2) 中枢神経領域、認知症治療剤などを調査

医療用医薬品 国内市場調査(1) 生活習慣病領域、糖尿病合併症治療剤などを調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 170,000円 183,600円
PDF/データ版 180,000円 194,400円
書籍版・PDF/データ版セット 200,000円 216,000円
ネットワークパッケージ版 340,000円 367,200円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート