• フード・フードサービス

飲料メーカーの地域別オペレーション戦略に関する調査 2019

飲料メーカーの地域別オペレーション戦略に関する調査 2019
発刊日2019/09/19 141904736

パーマシンの低下、人件費・物流コストの上昇、主力商品である缶コーヒーの売上減少など自販機市場を取り巻く環境は、厳しさを増していることから、飲料メーカー、オペレーターは台数至上主義からパーマシン重視に戦略の転換を図っています。当調査では、清涼飲料自販機のエリア別・メーカー別稼働状況、インドア・アウトドア別稼働状況、スマホ対応自販機の普及状況などを調査・分析しております。

目次

1.飲料メーカー・オペレーター業界を取り巻く環境変化と方向性  1
 1)自販機市場環境の現状  1
 2)主要飲料メーカー各社の対応策  1
 3)主要オペレーターの状況と対応策  1

2.飲料メーカー各社の売上高・ベンダー稼動台数  2
 1)缶ベンダーのメーカー別稼動台数  2
 2)メーカー別飲料売上高  4
 3)パーマシン比較  5
 4)自社機パーマシン  6

3.缶ベンダーのブロック別(県別)・メーカー別稼動台数  7
 1)北海道ブロック  9
 2)東北ブロック  12
 3)北関東ブロック  23
 4)首都圏ブロック  30
 5)甲信越ブロック  44
 6)東海ブロック  50
 7)北陸ブロック  61
 8)近畿ブロック  65
 9)中国ブロック  76
 10)四国ブロック  85
 11)九州・沖縄ブロック  90

4.缶ベンダーのブロック別(県別)インドア・アウトドア別稼働台数比率 101
 1)北海道ブロック  102
 2)東北ブロック  102
 3)北関東ブロック  104
 4)首都圏ブロック  105
 5)甲信越ブロック  107
 6)東海ブロック  108
 7)北陸ブロック  110
 8)近畿ブロック  111
 9)中国ブロック  113
 10)四国ブロック  115
 11)九州・沖縄ブロック  116

5.電子マネー対応自販機取扱い状況  118

6.環境対応自販機取扱い状況  126

7.ディスカウント自販機取扱い状況  131

8.スマホ対応自販機取扱い状況  138

9.カップベンダーのブロック別/県別・メーカー別稼動台数
 1)北海道ブロック  146
 2)東北ブロック  147
 3)北関東ブロック  153
 4)首都圏ブロック  156
 5)甲信越ブロック  161
 6)東海ブロック  164
 7)北陸ブロック  169
 8)近畿ブロック  172
 9)中国ブロック  178
 10)四国ブロック  183
 11)九州・沖縄ブロック  187
 10.主要オペレーター都道府県別稼動台数  195

11.ブロック別・メーカー別・チャネル別売上高
 全国ベース  198
 1)北海道ブロック  199
 2)東北ブロック  200
 3)北関東ブロック  201
 4)首都圏ブロック  202
 5)甲信越ブロック  203
 6)東海ブロック  204
 7)北陸ブロック  205
 8)近畿ブロック  206
 9)中国ブロック  207
 10)四国ブロック  208
 11)九州・沖縄ブロック  209

12.主要オペレーター展開状況
 1)全国オペレーターランキング  210
 2)独立・系列オペレーターの展開動向  211
 3)オペレーターのブロック別展開動向  212

13.主要飲料メーカー・オペレーターの地域政策・チャネル政策・ベンダー戦略  213

14.ブロック別・メーカー別ベンダー展開状況の分析と今後の方向性
 1)ブロック別メーカー別パーマシン比較  215
 2)今後の方向性  216
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 900,000円 990,000円 -
書籍版 PDF版 書籍版・
PDF版セット
990,000円 1,089,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。