• ケミカル・マテリアル

空中ディスプレイの将来展望

空中ディスプレイの将来展望
発刊日2016/09/29 111606748

AIプレート方式、DCRA方式、再帰反射方式の有望用途の将来性を分析し、各方式の空中結像用プレート/シートの要求特性、生産方法、価格、材料等についても分析しています。

目次

総括編	1
 1. 空中ディスプレイの概要	3
  1) 分類と調査対象	3
  2) 空中結像の概要	4
  3) 参入メーカーの概要	5
  4) 使用目的	6
 2. 空中ディスプレイのロードマップ	7
 3. 空中ディスプレイの市場機会とターゲット設定	8
  1) 市場構築プロセスと展開用途	8
  2) 有望用途の分析	8
 4. 空中ディスプレイ搭載アプリケーションの市場概況	9
 5. 空中ディスプレイの市場概況	11
  1) 全体市場規模推移・枚数ベース(2015年実績ー2021年予測、2025年予測)	11
  2) 全体市場規模推移・面積ベース(2015年実績ー2021年予測、2025年予測)	12
  3) 用途別市場規模推移(2015年実績ー2021年予測、2025年予測)	13
 6. 空中ディスプレイの比較	16
  1) 市場比較(2015年実績ー2021年予測、2025年予測)	16
  2) 用途比較(2015年実績ー2021年予測、2025年予測)	18
  3) 課題・問題点	21
 7. ガラス/フィルムの比較	24
  1) 市場比較(2015年実績ー2021年予測、2025年予測)	24
  2) ガラス/フィルムの採用理由	25

[A]有望用途市場編	27
 1. アミューズメント・ゲーム	29
 2. 医療	42
 3. デジタルサイネージ	50
 4. 自動車	64
 5. セキュリティ	73
 6. スマートホーム	84
 7. FA・OA機器	91

[B]空中ディスプレイ用部材市場編	99
 1. AIプレート	101
 2. 再帰反射シート	118
 3. DCRA	131
 4. プレート/シート用コーティング剤	140
 5. 光源用放熱基板	146
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 600,000円 660,000円 -
書籍版 PDF版 書籍版・
PDF版セット
660,000円 726,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。