• 医薬品・メディカル

ESA製剤とHIF活性化薬の処方位置付けと腎性貧血治療の将来予測に関する調査

ESA製剤とHIF活性化薬の処方位置付けと腎性貧血治療の将来予測に関する調査
発刊日2018/12/19 111809713

透析期患者を中心に診察している医師を10名、透析期患者、保存期患者両方診察している医師を10名、計医師20名を対象とした医師調査。既存の腎性貧血治療の整理、開発品に対する評価から腎性貧血治療の将来動向を分析しました。

目次

I.総括	1
 1.患者状況	2
 2.腎性貧血の治療実態	3
 3.HIF活性化薬に対する評価	7
 4.各開発品に対する評価	10
  1)ロキサデュスタット	10
  2)ダプロデュスタット	11
  3)モリデュスタット	12
  4)JTZ-951	13
  5)バタデュスタット	14
 5.HIF活性化薬上市後の腎性貧血治療	16
 6.腎性貧血治療に対するアンメットメディカルニーズ	21
II.集計分析	22
III.医師個別調査票(腎臓内科医:計20名)	164
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 1,000,000円 1,100,000円 -
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。