• ケミカル・マテリアル
  • 自動車・輸送

ガラス長繊維複合材料の自動車における採用動向/R&D戦略と市場展望

ガラス長繊維複合材料の自動車における採用動向/R&D戦略と市場展望
発刊日2019/04/10 111809716

自動車軽量化で注目されるガラス長繊維複合材料の動向をまとめた調査レポートです。ガラス長繊維複合材料の需要動向を、熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂に分けて取り上げるのに加え、自動車の部位、部品ごとの採用動向、採用理由や課題・問題点、CFRPや金属など他の材料との競合状況、異種材接合など、市場、技術の双方から分析します。

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 600,000円 660,000円 -
書籍版 PDF版 書籍版・
PDF版セット
660,000円 726,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。