REPORT 調査レポート

ご購入前にレポートの内容をオンラインで無償でご確認いただける「購入検討サービス」をご利用ください

サービスの利用にはマイページ会員登録が必要です。ご登録条件とご利用回数に制限がございます。

マイページ会員登録はこちら
レポートをお探しの皆さまへ
  • ケミカル・マテリアル
  • 自動車・輸送

自動車プラスチックリサイクル市場の将来展望

自動車プラスチックリサイクル市場の将来展望
発刊日2020/06/30 112001743

自動車に使われているプラスチックリサイクル動向をレポートしています。自動車メーカーのリサイクルに対する取組や、マテリアルリサイクルやケミカルリサイクルの現状と予測(2019年実績~2030年予測)、ASRやリサイクルプラスチックコンパウンドの動向、高機能化材料のリサイクルを進めていく上での課題、バンパーやインストルメントパネルなど自動車部品ごとのプラスチックリサイクルの将来展望などについてレポートしています。

目次

A.総括編	1
 1.自動車プラスチックリサイクル状況、概要	2
  1)自動車プラスチックリサイクル法	2
  2)環境配慮設計及び再生資源利用の進んだ自動車へのインセンティブ(リサイクル料金割引)制度	2
  3)Car to Carリサイクルへ向けたサプライチェーン	3
  <市場回収バンパー(Car to Carリサイクル)>	3
  <ASR>	3
  <ASRのCar to Carリサイクルへ向けたサプライチェーン>	4
 2.リサイクルに対する取組	5
  1)リサイクルに対する方針	5
  ・自動車メーカー	5
  2)工程内リサイクルに対する取組	7
  (1)自動車メーカー	7
  (2)部品メーカー	7
  3)市場回収リサイクルに対する取組	9
  (1)自動車メーカー	9
  (2)部品メーカー	12
  (3)リサイクル関連材料	15
  4)リサイクルに有望な自動車部品	16
  (1)自動車販売店ルート	16
  (2)解体ASRルート	16
 3.リサイクル種類の現状と予測(2019年実績~2030年予測)	18
  1)サーマルリサイクル(日本)	18
  2)マテリアルリサイクル(日本)	18
  3)ケミカルリサイクル(日本)	19
  4)リサイクル合計(日本)	20
 4.リサイクルのための設計	21
  1)易解体への取組	21
  2)易解体の条件	21
  3)易解体を目指した際の接着力低下の目標値と破壊方式	21
  4)易解体性接着剤	22
  5)モノマテリアル化	22
  6)無塗装化、塗装代替フィルム	22
  7)易塗装剥離剤・塗膜相溶化剤	22

A1.ASR	23
 1.製品概要	23
 <ASRプラスチック種類構成(2019年)>	24
 2.リサイクルに対する取組	25
 3.リサイクルの現状と予測	26
 ・リサイクル種類の現状と予測(2019年実績~2030年予測)	26
 4.リサイクルのための設計	27
  1)リサイクル設計	27
  2)易解体の条件	27
 5.リサイクルプラスチック採用動向	28
  1)リサイクルプラスチック市場の推移と予測(2019年実績~2030年予測)	28
  2)リサイクルプラスチックの採用理由	29
  3)リサイクルプラスチックの問題点・課題	29
  4)リサイクルプラスチック価格動向	29
 6.リサイクルプラスチックを進める上での高機能化材料の採用動向	30
  ・高機能化材料の需要予測(2019年実績~2030年予測)	30
 7.リサイクルサプライチェーン	30

A2.リサイクルプラスチックコンパウンド	32
 1.製品概要	32
 2.自動車向け市場規模推移と予測(2019年実績~2030年予測)	32
  ・リサイクルプラスチックコンパウンド市場の推移と予測(2019年実績~2030年予測)	32
 3.メーカーシェア(2019年実績、2020年予測)、販売動向	33
  ・日本	33
 4.自動車向け用途構成(2019年実績~2030年予測)	34
  ・日本	34
 5.種類別構成(2019年実績~2030年予測)	37
  ・日本	37
 6.リサイクルを進めていく上での課題	38
 7.競合状況	38
  1)バージン材料価格	38
  2)バージン材料との物性比較	39
 8.高機能化材料との組み合せ	39
 9.価格動向	40
 10.リサイクルサプライチェーン	41

A3.高機能化材料	42
 1.製品概要	42
  1)市場回収材料の物性	42
  <市場回収材料と新品との物性比較>	42
  (1)主要3部品平均	42
  (2)バンパー	42
  (3)サイドシルガーニッシュ	43
  (4)アンダーカバー	43
  2)高機能化材料の種類	44
 2.自動車向け市場規模推移と予測(2019年実績~2030年予測)	45
  ・高機能化材料市場の推移と予測(2019年実績~2030年予測)	45
 3.用途動向	46
 4.リサイクルを進めていく上での課題	47
 5.価格動向	48

B.自動車メーカー編	49
 B1.トヨタ自動車	50
 B2.日産自動車	58
 B3.本田技研工業	67
 B4.マツダ		74
 B6.スズキ		90
 B7.SUBARU	96
 B8.Ford		102
 B9.BMW	104
 B10.GM		106

C.自動車部品編	107
 C1.バンパー	108
 C2.インストルメントパネル	115
 C3.トリム	119
 C4.自動車シート	124
 C5.エアバック	126
 C6.カーエアコン	129
 C7.ワイヤーハーネス	131

すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 書籍版 800,000円 880,000円 -
書籍版 PDF版 書籍版・
PDF版セット
880,000円 968,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。