REPORT 調査レポート

ご購入前にレポートの内容をオンラインで無償でご確認いただける「購入検討サービス」をご利用ください

サービスの利用にはマイページ会員登録が必要です。ご登録条件とご利用回数に制限がございます。

マイページ会員登録はこちら
レポートをお探しの皆さまへ
  • 医薬品・メディカル

血液がんの最新治療動向と新薬開発の方向性 2020

血液がんの最新治療動向と新薬開発の方向性 2020
発刊日2020/10/29 162007702

血液がん治療の国内のKOLを対象としたドクターリサーチです。白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群の4領域の各疾患を対象として、新薬を含む既存薬の薬剤選択の実態と評価をまとめています。また、開発薬を含む今後の薬剤選択の変化について予測しています。

目次

I.集計・総括編

1.白血病に関する設問

1-1.疾患別担当患者数/疾患別直近3年間の患者数の増減傾向/疾患別再発・初回治療抵抗性患者割合 1
1-2.薬物療法の実施割合/造血幹細胞移植の実施割合 3
1-3.疾患別の1stと2nd(無効例・抵抗性・再発)及び地固め療法の薬剤レジメン/1stの薬剤レジメンの寛解導入率/既存薬の有効性に対する満足度/既存薬の問題点・未充足点 4
1-4.新規薬剤の使用割合/使用対象・ポジショニング/有効性に対する満足度/問題点/今後の使用意向 19
1-5.CAR-T療法の実施患者数/実施対象・ポジショニング/有効性に対する満足度/問題点/今後の実施意向 24
1-6.開発中の薬剤の評価・印象/上市後の使用意向/現時点で想定される使用対象・ポジショニング/ピーク時の使用割合予測/想定される使用形態 26
1-7.将来的(中期的:約5年後)に中心となる疾患別の1stと2nd(無効例・抵抗性・再発)の薬剤レジメン 32
1-8.新薬開発の必要性が高い疾患・タイプ/今後の新薬開発に対する要望 43

2.悪性リンパ腫(ML)に関する設問

2-1.疾患別担当患者数/直近3年間での患者数の増減傾向/再発・初回治療抵抗性患者割合 45
2-2.薬物療法の実施割合/造血幹細胞移植の実施割合 47
2-3.疾患別の1stと2nd(無効例・抵抗性・再発)の薬剤レジメン/1stの薬剤レジメンの寛解導入率/既存薬の有効性に対する満足度/既存薬の問題点・未充足点 49
2-4.新規薬剤の使用割合/使用対象・ポジショニング/有効性に対する満足度/問題点/今後の使用意向 59
2-5.CAR-T療法の実施患者数/実施対象・ポジショニング/有効性に対する満足度/問題点/今後の実施意向 67
2-6.開発中の薬剤の評価・印象/上市後の使用意向/現時点で想定される使用対象・ポジショニング/ピーク時の使用割合予測/想定される使用形態 69
2-7.将来的(中期的:約5年後)に中心となる疾患別の1stと2nd(無効例・抵抗性・再発)の薬剤レジメン 75
2-8.新薬開発の必要性が高い疾患・タイプ/今後の新薬開発に対する要望 81

3.多発性骨髄腫(MM)に関する設問

3-1.担当患者数/直近3年間での患者数の増減率/再発・初回治療抵抗性患者割合/薬物療法の実施割合/造血幹細胞移植の実施割合 82
3-2.移植適応の有無別の1stと2nd(無効例・抵抗性・再発)の薬剤レジメン/1stの薬剤レジメンのレスポンダー割合/既存薬の有効性に対する満足度/既存薬の問題点・未充足点 83
3-3.新規薬剤の使用割合/使用対象・ポジショニング/有効性に対する満足度/問題点/今後の使用意向 86
3-4.開発中の薬剤の評価・印象/上市後の使用意向/現時点で想定される使用対象・ポジショニング/ピーク時の使用割合予測/想定される使用形態 91
3-5.CAR-T療法の評価・印象/上市後の実施意向/想定される実施対象94
3-6.将来的(中期的:約5年後)に中心となる移植適応の有無別の1stと2nd(無効例・抵抗性・再発)の薬剤レジメン 95
3-7.新薬開発の必要性が高い疾患・タイプ/今後の新薬開発に対する要望 97

4.骨髄異形成症候群(MDS)に関する設問

4-1.担当患者数/直近3年間での患者数の増減率/再発・初回治療抵抗性患者割合/病型別患者割合/IPSSによるリスク群別患者割合 98
4-2.リスク分類別の薬物療法の実施割合/支持療法の適応割合/造血幹細胞移植の実施割合 100
4-3.リスク分類別の1stと2nd(無効例・抵抗性・再発)の薬剤レジメン/1stの薬剤レジメンのレスポンダー割合/既存薬の有効性に対する満足度/既存薬の問題点・未充足点 101
4-4.開発中の薬剤の評価・印象/上市後の使用意向/現時点で想定される使用対象・ポジショニング/ピーク時の使用割合予測/想定される使用形態 106
4-5.将来的(中期的:約5年後)に中心となるリスク分類別の1stと2nd(無効例・抵抗性・再発)の薬剤レジメン 108
4-6.新薬開発の必要性が高い疾患・タイプ/今後の新薬開発に対する要望 111

II.個別施設事例編(15施設)112-284

III.調査票
1.調査票 296
2.調査票別紙306
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 1,000,000円 1,100,000円 -
書籍版 PDF版 1,100,000円 1,210,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。