レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • エネルギー
  • 産業機器・制御機器

ライセンス制度導入により、新局面を迎える配電事業、配電関連ビジネスの将来展望

ライセンス制度導入により、新局面を迎える配電事業、配電関連ビジネスの将来展望
発刊日2021/06/29 162101750

近年、増加・激化する自然災害に対応するため、レジリエンス強化への社会的要請が強まっています。この要請を背景とし、2022年度より、マイクログリッド独立運用等の配電事業実施をコスト・制度面で容易にする、配電事業のライセンス制度が導入される予定です。当該制度の導入によって、レジリエンス強化だけでなく、AI・IoTによる配電事業の高度化・効率化、メーターデータの活用、電力プラットフォーム構築といった、新たな事業機会の創出が期待されています。本レポートでは、制度導入によって、配電分野において、どのような新規ビジネスが生じるのか、そして、その中でどのビジネスが有望なのか等を明らかにすることを主な目的としています。

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 900,000円 990,000円 -
書籍版 PDF版 990,000円 1,089,000円
NG
  • PDFセットはレポート本文をPDFファイルで収録しています。集計セットはレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDFセットおよび集計セットはネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。