レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • 医薬品・メディカル

保険適用の対象となり注目が高まる高度生殖補助医療(ART)の現状と将来性 2022

保険適用の対象となり注目が高まる高度生殖補助医療(ART)の現状と将来性 2022
発刊日2022/07/28 162205932

従来、体外受精(IVF)や顕微授精などは保険適用外であったため、不妊治療の経済的負担軽減を目的に厚生労働省では補助金を支給し、不妊治療を受ける患者が増加していました。不妊治療の拡大を受けて、2022年4月から、IVFや顕微授精、胚凍結保存などの生殖補助医療(ART)が保険適用となり、ART市場は今後も市場の成長が期待できます。そのため、当レポートでは、試薬類、シャーレ、観察装置、凍結保存用デバイス、採卵針、カテーテル、着床前診断検査の市場動向を分析しています。

目次

I.総括・分析編	1
 1.高度生殖補助医療(ART)関連市場の概況	2
 2.ART主要提供医療機関一覧	3
 3.ART患者数と市場規模推移	7
 4.ART周辺市場規模推移	8
 5.ART関連の研究・開発推進状況	10
 6.ARTに於けるPRP療法の動向分析	11
 7.ART関連の法規制・保険適用状況	12
 8.今後の市場将来性	16

II.個別品目編	17
 1.試薬類市場	18
 2.シャーレ市場	25
 3.観察装置市場	29
 4.凍結保存用デバイス市場	34
 5.採卵針市場	38
 6.カテーテル市場	42
 7.着床前診断検査市場	47

 ■個別品目編調査項目
  1.市場定義           
  2.市場規模推移
  3.メーカーシェア
  4.製品技術トレンド
  5.市場の将来性
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 300,000円 330,000円
NG
ネットワークパッケージ版 450,000円 495,000円
OK

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。
  • 電子書籍は単体での購入はできません。書籍版、PDF版、PDF/データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。