REPORTS調査レポート

    • 医薬品・メディカル

    2023 保険適用1年後の産婦人科関連市場のトレンド分析と将来予測

    2023 保険適用1年後の産婦人科関連市場のトレンド分析と将来予測
    発刊日2023/09/29 162306931

    2022年4月の不妊治療保険適用から1年以上が経過しました。この間「異次元の少子化対策」として、産婦人科領域では出産一時金の増額や、出産費用の保険適用検討の発表がされ、継続した経済支援策が打ち出されています。また初の経口人口妊娠中絶薬も発売され、産婦人科関連市場を取り巻く環境は変化しています。前回2022年6月に発刊した調査レポート「保険適用で注目される産婦人科関連市場のトレンド分析と将来予測」について、保険適用から1年の経過を機に改訂版を作成し、患者や治療などの特徴も含め2022年の産婦人科関連市場の実態を把握し分析を行います。また2年目である2023年度の見込みと、2026年度までの市場予測を行います。医療用医薬品は7つの薬効別に子宮筋腫/子宮内膜症治療剤、経口避妊薬、月経障害治療剤、不妊治療剤、切迫早産治療剤、陣痛促進剤、更年期障害治療剤を取り上げます。総括編では医療用医薬品のほかに一般用医薬品(OTC)、葉酸サプリメント(健康食品)を、参考データとして、解熱鎮痛薬、医療機器の市場を掲載します。

目次

調査概要	2

I.総括編	7
 1.医療用医薬品	7 
 2.一般用医薬品	14 
 3.婦人科・産婦人科ルートの葉酸サプリメント	17 
 4.参考データ(解熱鎮痛薬/医療機器)	19 
 5.販売促進活動	20
 6.今後の方向性	20

II.薬効領域編(医療用医薬品)	21 
 1.子宮筋腫・子宮内膜症治療剤	21
 2.避妊薬	26
 3.月経障害治療剤	31
 4.不妊治療剤(男女含む)	36
 5.切迫早産治療剤	41
 6.陣痛促進剤	45
 7.更年期障害治療剤	49
すべて表示

レポートサマリー

関連情報

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 300,000円 330,000円
450,000円 495,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。