REPORTS調査レポート

    • ヘルスケア
    • フード・フードサービス

    フェムケア・オムケアサプリメント市場 ジェンダー平等社会に向け成長する女性・男性特有の健康課題解決商品

    フェムケア・オムケアサプリメント市場 ジェンダー平等社会に向け成長する女性・男性特有の健康課題解決商品
    発刊日2024/03/04 162309905

    2016年の女性活躍推進法の施行などもあり、社会全体で女性の活躍・ジェンダー平等化は進んでいるが、女性は月経や妊娠・出産、更年期障害といった特有の健康課題を抱えており、社会進出阻害要因ともなってきた。2021年に政府は「女性版骨太方針」を策定するとともに「フェムテックの推進」を明記し、女性特有のライフイベントに起因する健康課題を解決するフェムテック製品・サービスの利活用を促す仕組みを制定し、補助金交付を決定するなどによって支援している。女性だけでなく男性特有の健康課題解決商品「オムケア市場」においても「男性更年期」「男性妊活」などのカテゴリーが新たに登場し、女性同様に啓発活動が進んでいる。フェムケア・フェムテック市場の中心的存在は、吸水ショーツやアプリなどの非食品が中心であったところに、大塚製薬「エクエル」の成功もあってサプリメントが成長しているが、フェムケアサプリメント、オムケアサプリメントともにカテゴライズが難しいため、整理された市場データは少なかった。本調査では、フェムケアサプリメント、オムケアサプリメントを健康課題別に整理して分類し、医薬品・医薬部外品、トイレタリー用品といった周辺市場との相関関係を探りながら、市場規模の把握と長期的な将来予測、有望カテゴリーを分析することを目的としている。

調査対象

■調査対象カテゴリー
A.フェムケア(女性向け)サプリメント
 1.更年期ケアサプリメント
 2.PMS対策サプリメント
 3.デリケートゾーンケアサプリメント
 4.妊娠対策サプリメント(妊活・妊娠中・産後)
 5.尿トラブルサプリメント
 6.ヘア・スカルプケアサプリメント
 7.女性向け総合サプリメント

B.オムケア(男性向け)サプリメント
 1.男性妊活サプリメント
 2.男性機能改善・男性ホルモンバランスサプリメント
 3.頻尿ケアサプリメント
 4.AGA・ヘア・スカルプケアサプリメント
 5.男性更年期ケア・男性向け総合サプリメント

■調査項目
A.総合分析編
 1. 調査結果サマリー(カテゴリー別規模と成長要因・阻害要因)
 2. 主要商品リスト
 3. 総市場規模推移(2020~2030年予測)
 4. カテゴリー別市場規模推移(2020~2030年予測)
 5. 有望カテゴリー分析
 6. 周辺市場(一般用医薬品・医薬部外品、トイレタリー用品、検査キット)とのポジショニングマップ
 7. 機能性表示食品の現状と可能性(機能性表示食品であることの有効性)
 8. 原料成分別販売動向(2022~2024年予測)と有望原料分析
 9. チャネル別販売動向(2022~2024年予測)とチャネル開拓事例
 10. メーカーシェア(2022~2024年予測)
 11. 将来展望と市場の課題

B.商品カテゴリー編
 1. 市場規模推移(2020~2030年予測)
 2. 市場拡大のポイント(チャネル面、プロモーション・啓発面、原料面etc.)
 3. 周辺市場(一般用医薬品・医薬部外品、トイレタリー用品、検査キット)との相関、棲み分け
 4. 原料成分別販売動向(2022~2024年予測)
 5. チャネル別販売動向(2022~2024年予測)
 6. メーカーシェア(2022~2024年予測)
 7. 将来展望(市場展望、市場の課題)
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
PDF版 300,000円 330,000円 -
予約特典
電子書籍
電子書籍オプション
  • 発刊日前日まで予約特典をご提供します。電子書籍オプションを選択してください。
450,000円 495,000円
  • レポート本文データをPDFファイルで提供します。
    提供媒体はCD-ROMとなります。数表データのExcelファイルは含まれません。

オプション選択

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
電子書籍 30,000円 33,000円 クラウド利用
  • 単体購入はできません。書籍版、PDF版、PDF+データ版、およびこれらセットのオプションになります。追加購入をご希望の場合は別途お問い合わせください。