レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • ケミカル・マテリアル

MI(マテリアルズ・インフォマティクス)を活用したデータ駆動型材料開発動向と方向性

MI(マテリアルズ・インフォマティクス)を活用したデータ駆動型材料開発動向と方向性
発刊日2021/09/29 172104747

日本政府による「マテリアル革新力強化戦略」策定や世の中のDX化の流れを受けて、近年材料メーカーを中心にMIを活用した材料開発が活発化しています。そこで本レポートでは日本の主要研究機関におけるMIへの取組や、日本企業(材料メーカー、部品メーカー、製品メーカー)におけるMIを活用した材料開発動向、そしてMIベンダーのツール展開動向を調査して、データ収集・データベース構築状況や、MIを活用した材料開発の方向性、MI導入施策等を分析しています。

目次

A.総括編	1
 1.日本におけるMIを活用したデータ駆動型材料開発の概況とその背景	2
  1) MIを活用したデータ駆動型材料開発プロセス(MI工程)の概況	2
  2) MIを活用したデータ駆動型材料開発の背景	2
 2.代表的な公開データベース(社外データベース)とその概要	3
  1) 代表的な公開データベース一覧	3
  2) 代表的な公開データベースの概要	3
 3.日本政府におけるMI関連の重要戦略とその概要	5
  1) 日本政府におけるMI関連の重要戦略	5
  2) 「マテリアル革新力強化戦略」の概要	5
 4.日本における代表的な政府系MI関連プロジェクト	8
  1) 政府系MI関連プロジェクトの現状	8
  2) 政府系MI関連プロジェクトの今後の展開	8
 5.MIを活用したデータ駆動型材料開発一覧	9
 6.MIで活用するデータ・DBへの取組	11
  1) データ収集・活用状況	11
  2) データ収集の問題・課題	11
  3) MIで活用するデータを増やすための対策	12
  4) DB構築の考え方	12
 7.MIを活用した材料開発を推進する上で問題点(性能向上が必要なMI要素技術)13
  1) MI要素技術の比較	13
  2) MI要素技術別	13
   (1) 実験装置	13
   (2) シミュレーション	14
   (3) 計算機	14
   (4) 機械学習(順問題、逆問題)	14
   (5) 電子実験ノート	14
   (6) 計測装置(XPS、XRD、SEM等)	14
 8.MIを活用したデータ駆動型材料開発の方向性	15
  1) MI活用分野・材料の例	15
  2) MI活用利点	15
  3) MI活用が適する材料の条件	15
  4) MI活用が不適な材料の条件	16
  5) PIの概況	16
 9.MIを研究現場で導入する上で必要な施策	17
 10.海外におけるMIを活用した材料開発動向	19
  1) 海外における代表的なMI関連プロジェクト一覧	19
  2) 日本と米欧におけるMIに対する取組の比較	19

B.官公庁編	20
 1.官公庁のMI関連の施策・プロジェクト	21
  1) 内閣府	21
  2) 文部科学省	21
  3) 経済産業省	21
 2.MI関連の具体的取組内容	22
  1) 科学技術試験研究委託事業「マテリアル先端リサーチインフラ」 	22
  2) データ創出・活用型マテリアル研究開発プロジェクト	23
  3) マテリアル革新技術先導研究プログラム	24
  4) 先端計算科学等を活用した新規機能性材料合成・製造プロセス開発事業	24
  5) 電気自動車用革新型蓄電池開発(RISING3)	25


C.研究機関事例編(3事例)	26

D.企業事例編(9事例、4事例[簡易]、その他企業一覧)	49

E.MIベンダー事例編(3事例)	99
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 800,000円 880,000円 -
書籍版 PDF版 880,000円 968,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。