レポートをお探しの皆さまへ
レポートの共有をお考えの皆さまへ
  • 化粧品・トイレタリー

観光・レジャー業態におけるアメニティ市場調査 2022

観光・レジャー業態におけるアメニティ市場調査 2022
発刊日2022/02/10 172110710

近年の国内のアメニティ市場は、観光立国として訪日観光客を呼び込むためのビザの発給要件の緩和などの政策が取られたことや円安により訪日観光客の増加を受けて拡大しましたが、2019年の年末以降、世界各地に広がった新型コロナウイルス感染症により、オリンピック・パラリンピックが延期され、訪日観光客も激減しています。こうした混迷する宿泊施設・温浴施設におけるアメニティ(化粧品・トイレタリー計12品目)の動向を業務品目別/業態別に探るとともに、ディーラーのケーススタディを通じて多角的な視点でマーケットの分析と市場の最新動向を提示します。また新型コロナウイルスが与えた影響や近年関心の高まるSDGsへの対応についても分析しています。

目次

I.総括編	1
 1 2020~2021年のコロナの影響	2
 2 SDGsへの対応動向	3
 3 アメニティ・トイレタリーの業態別市場予測	4
 4 アメニティ・トイレタリーの品目別市場規模予測	5
	
II.業態編	7
 1 業態動向	8
 2 宿泊施設	13
  2-a プレステージホテル	20
  2-b シティ/リゾートホテル	25
  2-c ビジネスホテル	30
  2-d 旅館	35
  2-e レジャーホテル	40
 3  温浴施設	45
  3-a スーパー銭湯	50
  3-b 健康ランド(含レジャースパ)	55
  3-c サウナ	61
 4  スポーツ施設	66
  4-a スポーツクラブ	70
  4-b ゴルフ場	74
	
III.品目編	78
 1 アメニティ市場全体	79
 2 インバス	85
  2-a シャンプー	92
  2-b リンス・ヘアトリートメント	100
  2-c ボディシャンプー	108
 3 スキンケア	116
  3-a 洗顔料・クレンジング	122
  3-b ベーシックケア・スペシャルケア	129
 4 男性化粧品	138
 5 入浴剤(バスプロダクツ)	147
 6 石鹸	147
 7 ハンドソープ	153
 8 手指消毒剤	158
 9 芳香・消臭剤	164
	
IV.ディーラー編	173
 1 JTB商事	174
 2 東京マツシマ	180
 3 近畿日本ツーリスト商事	186
 4 マイン	190
 5 日旅産業	195
 6 アンドウコーポレーション	198
 7 千代田	202
 8 ニシカワヤ	205
 9 日祥商会	209
 10  村山	215
すべて表示

提供利用形態

本体価格 税込価格 ネットワーク共有
書籍版 850,000円 935,000円 -
書籍版 PDF版 950,000円 1,045,000円
NG
  • PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。
  • PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。