レポート紹介

おせち料理市場のチャネル別需要調査 2017 重詰おせち編

レポートサムネイル

重詰(完成品)おせち市場は今や600億円を目前に拡大を維持しています。本レポートでは重詰おせち料理市場を、量販店、CVS、百貨店、生協、食材宅配事業者、総合インターネット通販の6カテゴリーに分類し、市場規模、種類、温度帯、価格帯、人前別動向を分析しました。主要小売チェーンの具体的な事例も検証します。

フード・フードサービス

発刊日 2017/03/24

目次

調査結果サマリー	1

I.総括編	4
A.重詰おせち
 1.総市場規模推移	5
 2.チャネル別平均単価と商品特徴(2017年)	5
 3.チャネル別販売動向	7
 4.企業(チェーン)占有状況	11
 5.企業別ポートフォリオ(2017年)	13
 6.種類別販売動向	14
 7.温度帯別販売動向	15
 8.容量別販売動向	15
 9.今後の方向性	16

II.チャネル編	17
 1.量販店市場	18
 2.CVS市場	26
 3.百貨店市場	31
 4.生協市場	38
 5.食材宅配市場	44
 6.総合インターネット通販市場	49

III.企業事例編	53
 1.イオン	54
 2.ダイエー	59
 3.マルエツ	63
 4.オークワ	67
 5.ヤオコー	71
 6.Odakyu OX	75
 7.サミット	79
 8.富士シティオ	83
 9.島屋	87
 10.阪神百貨店	92
 11.松屋	96
 
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 700,000円 756,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート