レポート紹介

生体情報センサ応用システムの AI・IoT活用 /研究開発動向と方向性

レポートサムネイル

ヒトの顔画像・音声・脳波・筋電・心電・眼電・筋音・血流量・体圧を検知する「先進型生体情報センサ」及び、ヒトの心拍・脈拍・脈波・呼吸・体動・血圧・血糖値・SpO2・匂いを検知する「従来型生体情報センサ」と、アルゴリズムやAIを活用してヒトの心身健康状態(脇見、眠気、居眠、睡眠、体調急変、疲労、ストレス、集中、病気予知、感情、等)を分析する「生体情報センサ応用システム」に関して、市場動向と開発事例をまとめています。

医薬品・メディカル

発刊日 2017/07/07

目次

A.総括・全体市場編
A-1.総括編
 1.生体情報の定義・種類とセンサ・システムとの関係	1
 2.当該業界の全体俯瞰図(企業、大学、研究機関、他の関わり)	2
 3.生体情報センサの主要種類別市場構成	3
 4.生体情報センサ応用システムの主要用途別市場構成	6
A-2.生体情報センサ編
 1.センサ概要(定義・種類、代表的なセンサ構成、特徴、課題・問題点)	11
 2.主要参入企業・大学・研究機関一覧	16
 3.現状及び将来の主要種類別市場比較(世界、数量・金額)と今後の将来性	18
  1) 高機能センサ	18
  2) 先端センサ	19
 4.主要種類別想定販売価格	20
 5.今後必要な機能・重要技術とその要因	20
A-3.生体情報センサ応用システム編
A-3-0.生体情報センサ応用システムの説明	21
 1.システム概要(定義・種類、用途区分、その他生体システム)	21
  1) 定義・種類	21
  2) 用途区分	21
  3) 「その他生体システム」の用途例と主な概要	22
  4) 「その他生体システム」の特記事項	22
A-3-1.運転者状態監視(DMS)	23
 1.システム概要(定義・種類、代表的なシステム構成)	23
 2.主要参入企業・大学・研究機関一覧	26
 3.現状及び将来の市場比較(世界、数量・金額)と今後の将来性	27
 4.想定販売価格	28
 5.AI等を活用したシステムの開発動向と方向性	29
 6.今後必要な機能・重要技術とその要因	30
A-3-2.高齢者見守り	31
 1.システム概要(定義・種類、代表的なシステム構成)	31
 2.主要参入企業・大学・研究機関一覧	33
 3.現状及び将来の市場比較(世界、数量・金額)と今後の将来性	34
 4.想定販売価格	35
 5.AI等を活用したシステムの開発動向と方向性	35
 6.今後必要な機能・重要技術とその要因	36
A-3-3.企業向け健康管理	37
 1.システム概要(定義・種類、代表的なシステム構成)	37
 2.主要参入企業・大学・研究機関一覧	39
 3.現状及び将来の市場比較(世界、数量・金額)と今後の将来性	39
 4.想定販売価格	40
 5.AI等を活用したシステムの開発動向と方向性	41
 6.今後必要な機能・重要技術とその要因	41
A-3-4.民生用モバイル端末活用システム	42
 1.システム概要(定義・種類、代表的なシステム構成)	42
 2.主要参入企業・大学・研究機関一覧	43
 3.現状及び将来の市場比較(世界、数量・金額)と今後の将来性	44
 4.想定販売価格	45
 5.AI等を活用したシステムの開発動向と方向性	45
 6.今後必要な機能・重要技術とその要因	46
A-4.生体情報センサ及び生体情報センサ応用システム一覧編	47-59
B.生体情報センサ事例編(日本国内の民間企業を中心にに26事例)	60-112
C.生体情報センサ応用システム事例編(日本国内の民間企業を中心に31事例)	113-183
(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 800,000円 864,000円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

関連レポート