レポート紹介

2017年 土木資材マーケティング便覧

レポートサムネイル
購入検討サービス

土木資材関連市場を用途別に分類し、基礎地盤、道路、トンネル、橋梁、港湾など6カテゴリー35品目を対象に、市場規模推移、新設/維持・補修別販売動向、メーカーシェア、工法・技術動向などについてまとめています。

環境・社会・インフラ / 建築・住宅

発刊日 2017/07/24

目次

総括編
 1.土木資材関連市場の現状と2025年に向けての方向性 3
 2.土木資材関連市場業界俯瞰マップ5
 3.工法別市場規模(2016年)及び今後のシナリオ、採用材料の動向7
 4.公共事業費/地方整備局等別予算 11
 5.国土強靭化アクションプラン2017  54
 6.道路ストック市場概要  57
 7.トンネルストック市場概要  60
 8.橋梁ストック市場概要  65

集計編
 1.品目別市場規模推移、予測(2015〜2020年:金額)73
 2.品目別主要参入メーカーシェア(2016年:金額)76
 3.品目別/用途別販売動向(2016、2017年:金額)81
 4.新設/更新維持補修別動向(2016、2017年:金額)87

1.道路市場編
 1.道路市場概要93
 2.アスファルト合材(加熱式)101
 3.アスファルト乳剤105
 4.ポリマー改質アスファルト109
 5.カラー舗装材113
 6.複合弾性ゴム舗装材115
 7.鋼製防護柵117
 8.ボックスビーム122
 9.転落防止柵124
 10.防音壁126
 11.プラスチック製マス・マンホール130
 12.地中埋設電線用保護管134

2.トンネル市場編
 1.トンネル市場概要139
 2.シールドセグメント144
 3.トンネル用防水シート148

3.橋梁市場編
 1.橋梁市場概要155
 2.PC橋161
 3.鋼製橋167
 4.鋼製・ゴム支承173
 5.伸縮装置(道路ジョイント)177
 6.高欄(橋梁用防護柵)181
 7.橋梁用床版防水185

4.補修・補強材市場編
 1.エポキシ樹脂系補修・補強材193
 2.アクリル樹脂系補修・補強材199
 3.ポリウレタン樹脂系補修・補強材203
 4.ポリマーセメントモルタル系補修・補強材207
 5.無収縮材(補修・補強用途向け)211
 6.炭素繊維シート(補強・補修材向け)215
 7.アラミド繊維シート(補強・補修材向け)220
 8.ビニロン繊維シート(補強・補修材向け)225
 9.ガラス繊維シート(補強・補修材向け)229

5.その他土木関連資材市場編
 1.セメント(土木分野向け)235
 2.セメント系固化材240
 3.津波漂流物防護242
 4.津波避難タワー244

<調査項目>
 1.市場定義        
 2.市場規模及び予測(2015〜2020年)
 3.種類別販売動向  
 4.用途別販売動向
 5.新設・更新/維持補修販売動向 
 6.メーカーシェア
 7.主要製品概要
 8.価格動向
 9.工法・技術等の動向
 10.今後の方向性・課題
※上記調査項目3、4、5は2016年、2017年ベースでの記載となります。調査項目6は2016年のみとなります。調査対象により一部未記載・変更している調査項目があります。

関連情報

復興関連や東京五輪のインフラ整備などによる需要動向が注目される土木資材の国内市場を調査

(商品形態) (本体価格) (税込価格)
書籍版 180,000円 194,400円
PDF/データ版 190,000円 205,200円
書籍版・PDF/データ版セット 210,000円 226,800円
ネットワークパッケージ版 360,000円 388,800円

PDF版はレポート本文をPDFファイルで収録しています。PDF/データ版はレポート本文と数表データをPDFとExcelファイルで収録しています。いずれもご注文を受けてからの製作となります。在庫終了後にセットを選ばれた場合の書籍版は簡易製本でのご提供となります。

PDF版およびPDF/データ版はネットワーク上での利用はできません。ネットワーク上での利用はネットワークパッケージ版の利用契約が別途必要です。

関連レポート